スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

その他
         友人がデイリーポータルの「マグロの刺身は漬けて干せばもっとうまくなる」をやれ(意訳)と呟いていたのです。

No! と言えない日本人なのでやって見ることにしました。

誰か断る勇気をください。

で、先程のページにもあるように、大体10日程必要です。

そんなにマグロが持つのかと思ったら冬場寒い時期でないと腐敗する可能性があるとか。
まぁ腐敗したところで、肉も腐りかけが一番美味しいとか聞きますし、何とかなるでしょ。多分。

さて、まず材料を買います。

1. マグロ
2. 醤油
3. みりん
4. 生姜

2.3.は買う必要ありませんでした。
4. 生姜は買うことを忘れました orz

1. マグロはとりあえずg 237円のものを300g分。
冷凍の解凍ものです。

これも写真取り忘れました。

マグロを5-10mm程度の厚さに切ってタッパーに入れます。

結果論ですが、タッパーは大きめの方がよいですね。切り身が接触したまま着けるとひっつきます。

余裕があれば適度にタッパーをゆすってやるなど工夫が必要かと思います。

くっついてしまうと、次の工程の「干す」時に剥がさなくてはなりません。

剥がすことはそれほど苦ではありませんが、綺麗に剥がしきれずどうしても断面がガタガタしてしまうため、可能な限り避けたいところです。

さてタッパーに醤油2.みりん1.の割合で漬け込みます。



漬け込みの図


漬け込んだら少しシェイクして醤油とみりんを混ぜておきましょう。

踊りながらシェイクするなど、激しい運動はタッパーから醤油が漏れたり、蓋が外れたり勢い余って台所に放置していた土鍋を床に叩き落としたりと危険なので注意してください。




激しくシェイクする図

さて、あとはこれを冷蔵庫にいれて3日程放置です。

今日はここまで。

スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/152-6307dc79

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。