Geek
Vmwareでの仮想マシンとそのホストとなるWindowsの端末とでファイルをやり取りできる機能があり、非常に便利というか、無いとやっていられないが、
Centos7.3をインストールした際、上手く動作しなかった。
というか、コンパイルエラーが発生したり、Kernel Headerが見つからなかったりして、まったくツールが動かない。


例えばこんな感じ



/tmp/modconfig-L4aJtZ/vmhgfs-only/page.c: 関数 ‘HgfsWbRequestWait’ 内:
/tmp/modconfig-L4aJtZ/vmhgfs-only/page.c:1604:23: 警告: passing argument 3 番目の ‘wait_on_bit’ の引数を渡すときにポインタからキャスト無しに整数を作成しています [デフォルトで有効]
TASK_UNINTERRUPTIBLE);
^
In file included from include/linux/mmzone.h:9:0,
from include/linux/gfp.h:5,
from include/linux/mm.h:9,
from include/linux/pagemap.h:7,
from /tmp/modconfig-L4aJtZ/vmhgfs-only/page.c:28:
include/linux/wait.h:1044:1: 備考: expected ‘unsigned int’ but argument is of type ‘int (*)(void *)’
wait_on_bit(void *word, int bit, unsigned mode)
^
/tmp/modconfig-L4aJtZ/vmhgfs-only/page.c:1604:23: エラー: 関数 ‘wait_on_bit’ への引数が多すぎます
TASK_UNINTERRUPTIBLE);
^
In file included from include/linux/mmzone.h:9:0,
from include/linux/gfp.h:5,
from include/linux/mm.h:9,
from include/linux/pagemap.h:7,
from /tmp/modconfig-L4aJtZ/vmhgfs-only/page.c:28:
include/linux/wait.h:1044:1: 備考: ここで宣言されています




そもそもここまでたどり着くためにも、ifconfigがない、と言われればインストールし、
終わったと思ったら、やれ、 gcc がない、だの、
やれ、 kernelヘッダーがない、だとの言われる。
最初は英語を読まないでEnterをひたすら打っていたが、それではどうしようもなかった。


関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
仮想化
Centos

Geek

Microsoft がPowershellをオープンソース化して約半年。MacやLinuxでPowershellが利用できるようになり、既存のPowershellスクリプトをOSによって、javascriptだとか、ansibleだとかにコンバートする必要なくWindowsの構成管理ができるようになった。

そんな中、Vmware Flingsにて、オープンソース版のPowerCLIがリリースされていたため、手元のCentos に入れて仮想マシンの自動デプロイを試してみる。

デプロイに利用するスクリプトは、以前に作成したPowerCLIで仮想マシンを作成するためのスクリプトを利用する。


関連キーワード(ユーザータグ):
PowerCLI
Centos
VMware

Geek

PowerCLIからの権限付与方式については以前記載したが、今回は既存の権限設定変更について備忘録。

以前に記載した設定だと、

New-VIPermission -Entity $付与対象 \ 
-Role $付与ロール -Principal <ユーザ名>

となる。だからといって、

Set-VIPermission -Entity $付与対象 \ 
-Role $付与ロール -Principal <ユーザ名>

で良いかというと違う。というよりも、オプション Entity についてエラーとなる。 そんなオプションは存在しないからだ。


関連キーワード(ユーザータグ):
PowerCLI
VMware
仮想化

Geek

昨年末に作成した自宅仮想サーバのESXi 6.0 を 6.0 Update 2 にアップデートしたので覚書。
Update 2 にした理由は、

  • 1年ほど安定稼働を確認したのでパッチを当てておきたい
  • Host Client正式組み込み


の2つ。


特に後者が重要で、(使うのは自己責任だよ)というスタンスの、これまで VMWare Flings Labo というβ版を入れていた。
しかし、ほとんど利用できる機能がなかったのである。
今回、正式版ということで大きな改善があった(というか普通に動くようになった)と聞いたためである。
これまでのβ版はコンソール接続が可能な程度であり、
UI上、仮想マシンのパワーオン、パワーオフ、編集ができるようにはなっていたが、
実際は設定が反映されない、空振りをする、というホットモックに近いものだった。

自宅の母艦はMacのため、仮想マシンの強制再起動や停止などには、SSH による ESXi へのログイン → ESXi コマンド もしくは Windows 端末での VMWare Client の利用が必要だった。

VMWare Clientは使い慣れているので良いのだが、自宅の Windows は Vaio で、高解像度、タブレット設計のため、VMWare Client の表示が崩れる。
そのため快適に利用できるとは、言い難かった。

ちなみに、 Web版の Vmware Host Client は http:///ui にてログインできる。

以下、作業手順。
今回は、ESXi に SSH でログインして、コマンド実行した。

関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
仮想化
サーバ

Geek
vSphere環境にある、Horizon Viewの仮想マシンをPowerCLIで操作する。
今回はWindows Updateを自動で適用させることをPowerShellで実行しつつ、その内容をメール送付する。

なんだかんだでなかなかViewの操作に入らないが、脱線して、
前回のWindowsUpdateの結果をメールで受信するまでにハマったので、こちらもメモ。


基本方針は、 スクリプト本体には可能な限り手を加えない。
ということで、まずはスクリプトのアウトプットを別ファイルに出力する。


そのために必要な変更は、以下の通り


関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
PowerCLI
仮想化