スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bike

8月19日はバイクの日(8 ーバー 19ーイクー)だけれども、今年は金曜日だったということもあり、その週末の21日に日曜日にベルサール秋葉原で「バイクの日スマイル・オン2016」が開催されていた。公式パンフレットはこちら

「ばくおん‼」出演声優と、中野真矢さんのステージ!

超イケメン 元MotoGPライダー、「中野真矢」さんが一日親善大使、ということで、お昼過ぎに行ってみたところ、ちょうど、女子高生バイクアニメ「ばくおん‼」のステージにスペシャルゲストとして、中野さんが登場したところだった。

秋葉原という場所柄、「ばくおん!!」目当ての参加者が多いのかと思っていたら、思っていた以上に参加者はライダーで、YAMAHA セロー乗りの天野恩紗役の内山夕実さんや、Honda PCX乗りの中野千雨役の木戸衣吹さんの登場時よりも中野真矢さんの登壇の時の方が(個人的には)歓声が沸いていたと感じた。


参加者が多すぎてベルサール秋葉原の中の展示品が見えない

ベルサール秋葉原の会場内は、「ステージ」「ばくおんPR展示」「4メーカ車両展示」のコーナーがあったのだが、あまりにも人が多すぎて、まったくといって中の様子が見えない。

IMG_1570

そう、ステージが全く見えない…

仕方がないので、跨り可な4メーカブースを見て回ろうと思うものの、ステージの中にあるバイクにたどり着けない。

会場の外にも何台かあったので、そちらは跨ったり、鑑賞することは可能だったが、会場内に入ることもためらわれるほどの人、人、人。



Bike

都庁オートバイ駐輪場が休止になっていた

大変残念なことに、2016年2月現在、新宿都庁前に二輪を停めることができなくなってしまっている。
不便。(´・ω・`)

都庁オートバイ専用駐輪場が今年10月末まで休止


新宿近辺に用事があるときに利用していた、大型バイクも止めることが可能な「都庁オートバイ専用駐輪場」が休止になっていた。
IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg


知らなかったけれども、昨年末から利用はできなくなっていた様子。都庁前という新宿駅から若干離れている立地もあり、比較的停めやすく値段も良心的な駐輪場でした。


理由は副10号線耐震補強工事


この駐輪場は、新宿駅ロータリーから新宿中央公園までの道沿いにあり、都庁前の高架下(京王プラザホテル前の道路)にある。

この高架の耐震補強工事のために、高架下が一時的に封鎖。関連して大江戸線の都庁前駅の出入り口にも一時制限が発生しているらしい。工事は今年の10月ごろまでということだが、その後本当に再開されるか非常に不安。


関連キーワード(ユーザータグ):
二輪
駐車場

Bike
久しぶりに箱根に行ってきた。

小田原厚木道路から、箱根新道。ターンパイクのスカイラウンジで休憩し、芦ノ湖へ。
芦ノ湖からは小涌谷経由の強羅へ抜けて須走へ。

御殿場-須走間の道も、かなり前から高速道路の基礎建築と思われるものが、見えるようになってきた。
最近はあっと言う前に道路ができてしまうので、数年で繋がってしまうのだろうか。

そのあとは、道の駅「すばしり」で休憩をして中央道へ。
下道での道志道という手もありだったけれども、熱中症になりかけていたので、バテる前に帰ってきました。


関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
SDカードの中を確認して出てきた写真を上げておく。

ひとりぼっちのツーリングの記録。









関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
パスケース


(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

二ヶ月放置しちまったよ!!

ちょっと忙しかったのですよね。特に8月後半は危ないところでした。

とはいえお盆の時期にはちゃんと実家に帰っていましたよ。珍しく。
いつも通りの東名ー伊勢湾岸道ー第二名神ー中国道を使っていたんですが、
ちょうどお盆の渋滞がすごくて、特に復路では東名の渋滞状況がすごかったので、第二東名つかったんです。
名古屋方面から乗ったのは多分初めて。普段御殿場方面から乗っていたからな−。

で、第二東名を使った理由として高速が空いていたっていうのもあるんですが、それ以外に清水PAのKUSHITANIショップに行きたかったんです。
限定ものがあるとかいうし、そもそもPAにあるってどういうことだよ(゚д゚)!みたいな?
ウィンドウショッピングするためだけに高速乗るのもなぁ・・・と常々思っていましたしね。

で、当然のごとく一品、買ってしまいました。

KUSHITANIのパスケース
IICOKAやSUICA、交通系電子マネーが登場してきて、(カードの出し入れがなくなった分)
昔ほどパスケースは買い換えなくなったけれども、
それでも今利用しているものがちょっと古くなってきた(という言い訳)ので、買ってしまった。

便利なコインケース付き。
小銭入れとなるといつもパンパンに膨らんでしまうのだけれども、
(少なくとも今のところは)革がしっかりとしているので、ある程度の量しか入らない。
だからパンパンになってしまうということがないというありがたい機能(?)付き。

開くとカードの中身が見えるスリットがあるので、社員証とか身分証とかそういったものを頻繁に見せる人にも便利かもしれない。そんな一品。

革製品なので使っていくうちに味がでてくるのもまた楽しみヽ(=´▽`=)ノ

パスケース2


関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
起床。清々しい気分。テントを開けば一面の湖

そして


雨(ーー;)

まごうことなき

頼みの綱のウェザーニュースさん。

今日!



(ーー;)


明日!






、(ーー;)(ーー;)(ーー;)(ーー;)


えー!なんだかなー!

もう!なんだかなー!

走り出せば晴れるかもしんないよね!
そう内なるパトスに導かれ走りだす!




ずぶ濡れ(ーー;)

とりあえず10キロ程走って会津若松に。
ちょうど八重の桜でフィーバーしてるみたいです。


個人的には茶室がみたいのですが、通常 茶室 拝観料200円が、天守閣に登れば(違) タダ!
(天守閣拝観料500円だけど。

というわけで天守閣



登りました。

で、茶室。

寄付





あ、つくばい取らなかった。

にじりぐち



あれ…裏門がない…とったはずなのに…


で、まぁ10時半ごろまでグダグダしていたわけですが、全くもって雨がやまないのです。むしろ濃霧。

これはもう都内に帰るしかない!でもただ帰るのはシャクだ!

と、日光を目指すことに。
121号から120号を繋いで90kmほど。
所要時間約2時間。

所々工事で一通があったので、(2013/07/05)
通る時は多少時間的余裕が必要。
鬼怒川温泉にでるまでは、眺めもいいし、走る道もとても楽しい。
雨が降っていなければ(ーー;)


で、日光。東照宮。







帰りはそのまま120号で沼田ICまで出るつもりだったけど、
2時間~3時間ほどの予想時間になったので、おとなしく高速。
日光ー川口-首都高で二時間ほど。

都内に戻ったら、あらいい風ね。
なんだかなー。(ーー;)

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
旅がしたくなった。

いや、正確には今年の夏は(仕事が)忙しくて世間の皆様がいう夏休みとやらを取れない可能性があってどないしたものかと。
だからこの時期に無駄に素敵な一週間の休みを申請した。ことを忘れていた。だって忙しいんだもん。

そんなわけで無駄に素敵な一週間。「どうせ家にいるだけなんだろ?だったら(仕事に)出て来いよ」という暖かい声を聞きながら休みに入った。

夏休み一日目。
起きたら昼。 三度寝。雨。 やることがないので寝る。「どうせやることないんだろ?……」あたまの中でリフレイン。オノレカチョー。

二日目。このままじゃいかん。とおもい、北を目指す。
旅がしたい。そうだ、テントだ。

脈絡もなく思い立って、東北道。

そんなこんなでツーリング一日目。
キャンプなう。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
円高ポン安、ユーロ安なので、WIGGLEで自転車でも買おうとおもってみたりみなかったり。

とりあえずwiggleを利用するのは初めてな上、ロンドン暴動(笑)とかしてるので、本当に日本へ届くのかためしてみた。

購入したのはカステリのジャージと、ランニング用のサポーター 2XU のコンプレッションタイツ。
日本で買うとどちらも一万前後。

向こうでかうと、半額程度。

wiggleのサイトはちょっとおもいけれど、日本語対応。
よくある質問をみると、空港直結だからそれなりに早そう。暴動の影響もなさそう(笑

購入時はAmazonなんかの他の通販と一緒で問題はなかった。

個人的に気にした点があるとすれば、
国名をJapan
として
住所を JUSHO(住所)
として置いた。

届いたラベルをみると、⇧のように、()内の漢字もきっちり印刷されてたので、国名さえ間違えなければ、配送に問題はないはず。
最終的に家に持ってきてくれたのも日本郵便様でしたし。


注文したのが8/25 発送開始が8/27
到着が9/5 だったので、大体一週間。
へたな楽◯より早い。



こんなかんじの梱包できおった。



こんなかんじの中身。
ちなみにスポーツ用品だと関税はかからないらしいですよ。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
すき焼き弁当

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪


関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
山中湖が人多すぎて億劫だったので、河口湖へ。 コンビニ探すのにえらい時間かかったよ

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
むかってまふ

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike

GSR400ABSインプレッション

2007年式、旧馬力(59ps)のインプレッション

約1年半で8000キロちょい。
一月で1500キロ程乗っていた計算になる、GSR400の記憶。

ホントはもう少し乗っていても良かったのだけれども、
大型に乗りたくなってしまったことと、2台持ちは厳しいこと、
さらには、1万キロを越えようとしていること(タイヤとか各種パーツの交換時期
のため、早めに下取りにだそうと決意したわけです。

1.ライト、ハンドル、ポジションまわり
○HIDにしなくてもそれなりに明るい。
○電源いれた時の動作がかっこいい。
○ギヤ表示に慣れるとSUZUKI車以外に乗れなくなる程に便利。
○400なので、クラッチを切らないでもシフトチェンジが楽

×約85Kmがベターな速度。それ以上でもそれ以下でもミラーがブレて後方が視認づらい。そのため高速では後方確認がちょっとしがたい。
×ノーマルハンドルの状態だとバイクの方向性の割にスタンダードなポジションとなる。
(回してガンガン行くバイクの癖に、あまり前傾姿勢ではない)
×ノーマルのステップ位置ではちょい微妙。
 少し斜目にするのがベター。

2.燃費、トルク、エンジン等
○低回転のトルクもそれなりにあるので、慣れれば6速アイドリング巡航でも充分行ける
あまり回さなくても発進可能
○回転に応じた変化にメリハリがありどの回転域でも楽しめる。
特に3-4000回転の変化は力強い。。
○燃費が23前後で回していてもそこそこ出る。
○7000回転を上げたころからのノーマルマフラーーの音が鬼ヤバい。それまでのおとなしめはなんだったんだー!バリの声を上げる。そんな回転数による変化がものすごい。
×インジェクションのため、各ギア比に応じた噴出量制御がある。


3.車体
○タンク一体型のウィンカーかっくいい!
○テールランプが2灯!。しかもライトが☆型に5つのランプがあってかっこいい!
↑GSR750にはない。GSR400のみ!
○400クラスではまずお目にかかれない極太タイヤ。
 車体の安定性も、見た目にもゴツイ安定感を与えてくれる。
○スタンドでは必ず「ハイオクですか?」「大型?」と聞かれる優越感。
×重い。非常に重い。
×センタースタンドがないため、市販のスタンドを購入しないと不便。
×車載場所が皆無。車検証を入れれる程度。

とまぁ、いい点も悪い点もあったバイクだけれども、大満足なバイク。
文句なしに愛車といえた。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
七月頭、たまたまBMWを試乗できたので、そのインプレ。

乗ったのはK1300S
もう一つ、F800ものれたんだけれども、Kに乗ったあとに跨がってエンジンかけさせてもらったら、Kの満足感がなくなってしまいそうだったので、丁重に断ってしまった。

今思えば勿体無いことをしたかなぁ……


ローダウンモデル出会ったこともあるけれども、かなり足つきはいい。
ポジションはやや高め。スポーツモデルではあるが、今乗っているGSRとそれほど大きくは変わらない。

エンジンはさすがBMW
車に乗っているのと同様の独特のエンジンフィールディング。
水平対向の、あの独特のトトトトトトトトっていった感じが十二分に感じれた。
回しても、回さなくても心地よい感覚がくる。
Kは四気筒だからだろうか?
Fをやめた理由は、Fでは二気筒だからか、Kで感じたこの力強さを感じれなかったからだ。

びっくりしたのはサスの調整。
走ってる途中にボタン一つで、
スポーツ、ノーマル、コンフォート(だったかな?)の三段階に調整ができる。

使うまでは、たいした変化はないだろうとたかをくくっていたが、開けてびっくり玉手箱

単純に直線を走っているだけでも劇的に変化しているのがわかった。

気になるお値段は新車で250万とか。
うーーん。
バイク自体の満足度でいえば、180万程度は覚悟していたけれども、高すぎます

ディーラーにはいろいろおいているらしいので、そのうち行ってみようかなぁ。

そして気づいたらお高い契約書を書いてしまう訳で………

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
トライアンフのスプリントGTを試乗してきた。

初めてのトライアンフ。初めてのフルカウル。はじめはハンドルとヘッドライトが同じ方向を向かないことにすごい違和感を覚えて、きょどりまくった(汗

インプレとしては、
1.軽い
2.早い
3.トルクがある
4.安定する
5.おもったよりも姿勢がキツイ

という感じ。

軽い。っていうのは、車体が軽いわけではなく、重心がわりと下方にあることからくるんだとおもう。
やってないけれども坂道を押す場合はかなりの労力が必要になるだろう。

早い、っていうのは、2速で少しひねるだけでもうながれにのれること。
とくにメーターが0から240KMまで用意されている。
0が6時の方向で、240KMが5時のあたり。
巡航するための30~60KMは、だいたい7時~9時の部分。

そのため、最初は全然スピードがでていないんじゃないのか?
と思ってしまった。流れに乗れているのに(笑

120KMが12時のあたりであったはずなので、メータがきっちり回るのが好きなお人には向きません^ ^

トルクがあるっていうのは、1050cc 三気筒の割にアイドリング状態でスルスルいける。
コンビニの駐車場を借りてぐるぐる旋回してみたんだけれども、
アイドリング2速で十分なUターンが可能だった。
カーブからの立ち直りもグイッ、キチッって感じに曲がってくれる。
4気筒とも2気筒ともにつかないっていうのは確かだと感じた。

んで安定性。
車体が普通のネイキッドよりかは長め。
おそらくだけれども隼と同じくらいあるんじゃないのかな?
こういったツアラーにのったのは初めてなので、参考にならないかもしれないが、
直進の安定性がすごかった。ふらつかない。ポジションが低い分、安定性がないのかとおもっていたが、そんなことはなかった。びっくり!。

で、すんごい欲しくなったのだけれども、スプリントGTは青と黒しかないそうな。
赤とか黄色がよかったので、ちょっと見送り...

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
YSP八王子で、様々なバイクの試乗会がやっていたので行ってきた。

HPには記載されてなかったが、VMAXとかも試乗できたらしい。

自分が乗ったのはWR250R
オフロードバイク。

ネイキッドしか乗ったことがない自分にとってはこんな車高の高いバイクは始めて。

ぶっちゃけ最初またげなかった(笑

YSP八王子近くの約4Kmが一回の試乗ルート。
YSP自体はそれなりに交通量のある道沿いだが、わりかしすぐ広めの交通量少なめ。見通しの良い道に入ったのですごい安心した。

インプレとしては、やはり単気筒だな。ということ。
以前の125も単気筒なので、このしたから突き上げる感じは久しぶりだった。

ギアの感触としては125を彷彿とさせた。
クラッチは軽いし、ギアも軽い。
クラッチ切らないでも少し踏んだだけで入っちゃうので最初はエンストしてしまった。

乗り心地のインプレは、
サスが柔らかい分、路面があれてても乗りやすい。
スピードだした状態でのカーブはかなり倒しこむ必要がある。(コケそうで怖い
ミラーが小さいけど、後ろ振り向きやすいので後方確認は簡単。
んでもってなれると面白そう。

あと、タコメーターがないのではっきりとはわからないが、
巡行するなら4速3k-4k位で回す必要がある。

車体も軽いし、うまく乗ればかなり燃費がいいのではないだろうか。

そして最大にびびったのは、信号待ちで足が付かなかったこと(笑

ええ、もうビビリまくりですよ。


6/11-12ではYSP八王子福生で同じことをやるらしいので、興味のある方は是非に

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
地震からもう10日以上たちました。阪神の経験者として何かしたい、できるのではとおもったが、
ボランティアにいったところで邪魔になるだけだとみにしみています。
ですので募金なりといった形で関わりたいと思っています。
あと雪が溶けたら以前東北縦走をしたルートをまわって自分が覚えている限りのお店なんかが大丈夫か確認したい。
それで出来る限りお金を使ってこようとおもう。
阪神の時もそうだったけれど励ましの言葉は一時、精神的な救いにはなるけれども、
すぐに麻痺するし、最終的にはメシ・モノ・カネが役に立つのだと感じています。少なくとも私は。
救いようのないことだけれども、それが自分にとっては現実でありました。
あ、あと信仰。自分にとってのココロのよりどころなので、新興宗教だとかではなく、
「今日一日で◯◯ができたら明日は大丈夫だ」みたいな心の持ちよう。ジンクス?
これは結構役に立った。

さて、
グリップ交換を行った。
交換したのは、Progripの赤。握り上の凹凸がある事と色が気に入った。
こういう奴ね↓


値段は他のモノよりちょっとだけ高いが、それよりも注意としては、普通のボンドじゃ溶けてしまう(汗)らしいということ。

なぜだかはわからないけれども、そのような注意が店頭でなされていたので、専用?のグリップボンドを購入。

作業自体は簡単。
これが本当にいいのかわからないけれど(笑
左手のグリップを取るには、
バーエンドを外して、クレ556を吹きかけて隙間からマイナスドライバーでグリグリ。
外したあと茶色なボンドの残りカス?がハンドルにまとわりついていたので拭きとる。
普通に拭きとるのではなかなか取れないけれども、細かな凸凹のある粗い布とかなら簡単。
とりながらおもったのは、「じゃがいもなんかの皮を剥く手袋」だったららくだったんだろうな。ということ。

さて、右手。こちらはスロットが回ってしまうため簡単には交換できない。
仕方ないのでカッターで切り取った(笑
本来ならばここでアクセルスロットをとるべきだとおもうが、めんどくさかったw

さて交換後はこちら。
グリップ

次はミラーかバーエンド、もしくはウェイトを変えてみたいところ。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
ぜひ つきのうらがわ さんで取り上げてもらいたい。
コメントでお知らせしようとしたけれども、なんか禁止キーワードがあるとかでなんどやってもむりだorz

小田急狛江駅の北口にある公共駐車場が試験的にバイクパーキングに。
台数は8台程で、15分100円。 一日2000円までという結構高め。

とはいえ初回は30分無料&アンケート記入でさらに30分無料とのこと。
自治体レベルのバイク駐輪場の検討は是非是非継続してほしいので、できるだけ多くの人にしってもらいたいなぁ。

係の人に聞いた所全然人がこないから、このままだと本格導入されないかも。とのこと。
それはあんまりなのでできるだけ多くの人にしってもらいたい(二度目 w


狛江駅は各駅しかとまらないけれども、駅前はそこそこ開けている。
だから多少の買い物なら楽ですよ、世田谷、調布近辺のみなさん。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
取り付け写真取り忘れた。

本題;
Puig(プーチ)スクリーンを購入した
ウチの車はGSR400だが、欧州でのスタンダードGSR600用の物でも何ら問題は無かった。
とはいえ、今度モデルチェンジしてしまうから、これから購入するのなら要確認だとおもいます。

取り付けにはA4一枚の裏表の説明書がついてきて、表が07年モデル 裏が09年モデルとかだった。
つまりどちらかの面にある、4コマどころか3コマ程度の取り付けずをみて判断しないとならない訳だが、
そこまで難しい物でもなかった。

手順としては、
1.横のモミアゲっぽいのを六画で外す。
2.ライト側面、上下のネジをスパナで緩めてドライバーで抜く
3.ライトが外れたら穴だけ開いていてネジが入っていなかった部分にスクリーンのステーを装着
4.付属のネジでステーを取り付ける。
5.ステーにカウルを装着する
6. 3-1の工程を逆の手順で戻す

以上

難しいとすれば、ヘッドライトを外す必要があるので、配線を外すことがめんどくさいならば、
腰くらいの高さまでの台の用な物を用意しておくと便利かもしれない。
自分は中腰になりながら膝の上に乗せてやっていましたが、
けっこう腰いたくなったwww

ライトを外すのは普通の工具ー六画レンチとスパナとドライバーがあれば充分。
ドライバーも要らないかも。

スクリーンの取り付けには、ライトを外すのとは異なるレンチも必要。


取り付け後、東京ー大阪を往復したけれども、かなりいい感じ。
特に胸から下がほぼ無風になるので80km前後からカウルの恩恵を体感できる。
細かいインプレはまた後日

追記 2010/11/20


Puig:プーチ  /レーシングスクリーン

Puig:プーチ /レーシングスクリーン GSR

こんなやつね。
インプレはまた時間のある時にw

追記 2010/11/28
インプレ追記。

東京ー大阪間を走ってみた(往復)

東名ー湾岸ー第二名神ー阪神高速
という形で走ってみました。

往路は夜半、復路は昼間。

走っている途中でカウルを外すなんてことはまずできないので、あくまでもつけていなかった頃からの体感。
(かなり記憶に頼った部分はあるけれども)
あと、私はカウル付きのものは始めてなので、もしかしたらカウル付きのバイくにとってはコレくらい当然なのかもしれないという点がいくつかあるかもしれません。


1.ライトがカウルの内側に反射する(笑
そのおかげで球切れしてないか?とか不安になることがない(笑
ただ、反射しているおかげで対向車からどう見えるのかすこし不安になった。
実際真正面から見てみると、ライトが隠れている訳ではないし、半透明のスクリーンだから大丈夫だと思う。

2.ETC
ほんの少し、ETCの電波に悪くないかと思っていたが、特に問題はなかった

3.風
防風効果はかなりの物。
普通に走っているだけで胸からした、速度と姿勢によっては殆ど頭の先まで風が軽減する。
実感できるのは70km後半くらいから。
特にキー周辺に手を置いてみるとよくわかる。

姿勢もGSRはやや前傾になるため、いつもより少し多めに腕を曲げると、メットのスクリーン部前後まで風の影に入る。(自分のSPECは172cmくらい

そのかわり手への寒さ、風がハンパ無い。体に当たる風を意識しなくなる分、手の冷え方にすごい意識が行く。
うーん。ハンドルヒータとかつけちゃおうかなー。

50kmくらいまでも、意識するとそれなりに防風効果はあるね
完全に遮れる、というわけじゃないけれども、少なくとも直接風があたることはない。
カウルではじかれた残り風が当たる感じで、あるときと無いときとの差がそれなりにわかる。
とはいえ意識すれば、というものなので、つけてそこらへんはしってみたからといって、「なんだ、風くるじゃないか」とかおもってしまうこともなくはない。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
先週の日曜日ふとおもいたってヤビツ峠にいった。

朝一、07;30頃家を出て、
途中のツタヤでレンタルを返したりしていたので、正確には8;15頃に調布IC付近を通過。
そのまま20号沿いにまずは八王子バイパスを目指す。

途中、相原までのバイパスが無料になっていたはずとおもいだし、(若干不安であったが、)
バイパス方向に。
ETCついていないので、無料にならないのかとおもっていたら、そんなことはないようだった。
というか、一時停止する必要もないんだね。


相模湖に近づいてきてさすがに眠気がせまってきた上に腹が減ったので7イレブンに。
津久井の交差点付近のコンビニであったはず。

コンビニの前
(コンビニで)

ヤビツ峠まではこの先413号を4km程進み、
三ヶ木(みかげ)で折れたあと、青山の交差点から64号へ。
この近くまで来ると、基本的に標識が「ヤビツor山中湖or相模湖」とかってなっているので
標識の通りすすんでいけばまず間違いない。
湖園2
途中 津久井湖によって(これも相模湖のひとつなのかね)
ヤビツ方面へ。
ヤビツへ
64号に入る道はそれまでの開けた感じの道からうっそうとした感じになるので
本当に車が走るのかと思える様な感じ。
現に、対向車こそあれ、前からも後ろからも車が来ない。。。
虹のなんとか

かとおもうといきなり視界がひらけて宮ヶ瀬湖をまたぐ橋があったりするからたまらない。

この先、しばらく狭い道の上、ところどころキャンプ場があって林間学校とかしているから
少しばかり注意して走る事に。
いつ飛び出してくるかわからないしね。
それにゆっくり走った方が森の中だし,気持ちがいい。

CIMG2836.jpg


とちゅう展望台にのぼったり、川をながめたりとしながらヤビツ峠に。
さすがにここまでくるとロードレーサーや観光客が非常に多い。

そしてここからは気持ちのいいワインディングがつづく。
頂上付近で丹沢山系をみるために道をそれた以外はほぼ一直線に降りて246に。

そこでほとんど体力がつきかけていたので、休息。
熱中症になるのではないか、とおもえる程に汗がだらだら。
おまけにどんどんあつくなっている。

というわけで帰りは秦野中井から上に乗ってしまって帰ってきました。


(まぁ今回、パニアバッグを取り付けたので、
100km over 且つ 高速で大丈夫かどうか試してみたかった、ということもあるんだけれども。)

取り付けたのはoxfordのハンプバックオーバーパニア。
近くのショップで半額セールをやっていたものだし、スパイダーネットだけだと不自由なことがあったので買ってみた。

取り付けは少々難しかった。
マフラーからの廃熱は純正のヒートガードがついていれば問題ないが、
後輪上、サイレンサーからの廃熱の問題があるもので、固定用にカウル下側を通すと(たぶん)燃える。
数KM走って、触れない程にあつくなっていたからこれはまずいと判断。
だもんでこうしている。
パニアバック

わかり難いかもしれないが、サイドステップと前方の金具とをゴムひもでひっかけ、
後ろのベルクロはウインカーランプの根元に引っ掛けている。

これではしりまわったわけだが、GSR400への取り付けには特に問題はなかった。


関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
前から行こう行こうと話しながらなかなかタイミングが合わなかったが、
ツーリングにいってきた。

連れは元登山仲間のハーレー乗り。
まぁいまでも心は現役で登山してますが、如何せん時間<やる気がでない。
自分で企画までするとなると一年に一度が良い所になってしまうなぁ。
誰か連れて行く、or連れて行かれるとなると意識が変わるんだけれどね。

いつでもOk,はい、一人でドーゾ、となるとまさに自由の牢獄。

まぁそれはおいておいて。
伊豆にいってきたれり。

時間としては
10’00    16号と環状二号の交差点から環状二号沿いに1号線を目指す
12’10ゴロ  小田原到着
13’30ゴロ  伊東到着(&食事
15’00ジャスト西伊豆スカイラインの展望台
17’00ゴロ  道の湯(59号沿い?
19’00ゴロ  海老名SA
19’30ゴロ  帰宅

という感じ。
帰りも下道の予定だったけれども、あまりにも渋滞していて断念

だいたい300km位はしったのかなー。
 
バイク

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike

愛車

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike

この景色が見える所に僕はいます

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike

道の駅、マリンオアシスはかた。
もとい伯方S.Cパーク

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
今治。
日曜だからか店が閉まり過ぎ。
この街の観光業は大丈夫だろうか。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike

小休止中

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike

なんか海上自衛隊のヘリがある。

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
バイクの洗車を久しぶりにした。

GN125。125ccなので年間の維持費が保険、燃費ともに安い。
任意は車の保険に+ワンコインとかその程度の物で結構維持できるそうな。

燃費は大体35-40km/L
これだけの燃費が良い乗り物はそうそう無いと思う。

仕組みがものすごい単純なので、基本的なライディングを学ぶにはとても良いバイクだとおもう。
発進、ギヤ入れも、うまくクラッチを繋ぐ。適度な回転数を保たないとノッキングやエンストが簡単におこるし、
チョークを引いてもなかなかエンジンがかからなかったりする。
その分、きっちり乗る事を心がければ大丈夫だけれども。

逆にうまく回転数、速度の関係が分ってくると、
(バイクには悪いかもしれないけれど)クラッチの存在理由がなくなる。
クラッチ自体が軽いので、クラッチを切らないで足先だけでギヤ上げ、下げが簡単にできる。

基本は2速発進で良いが、例えば結構な荷物を積んで且つ坂道発進だと、1速にする必要がある。
そんな結構タフなバイク。

あと車体が軽いので、取り回しが楽。
つまるところメリットが
1,燃費
全くと言っていい程かからない。

2維持費
保険も気にならない額面
車体価格も大体12-15万程度。

3運転技術とか知識の向上
単にまわせばまわす程進むバイクではないし、
スクーターとは異なりバランスも必要。
いきなり400とかのって速度出しまくるよりも、
まわしても速度が中々出ないからこそ、適切な運転をして技術を学ぶ事を身につけられる。。。はず。


その反面、デメリットとして、
1,寒い。
排気熱が全くない様な物なので冬場、夏場が以上に寒い。
タンクに膝をつけて締めれば締める程に足が冷える。(タンクの冷たさで)

2,安定性
50kg位が最も安定しているかな。
それを超えると、例えば無理な追い越しをされた時、
隣車線を大型トラックが抜けた時、風で車体がふらつく。
結構怖いときがたまにあった。
これは車重の問題でもあると思うので、仕方が無いけれど。

3,速度
流れについていくには必然的に回転数を上げなくてはならず、
それが結構しんどい所。
大体1000回転上げる毎に、10km速度が上がるので(適切なギヤで)
40kmの流れについていくには、4速5k回転か、5速4k程。

速度もグイグイっとのびるのではなく、ジワーーーーって感じなので、
それなりの幹線道路で、後ろの車のたちが悪いと結構怖い目にあいがち。

そんな感じかなー。
なにはともあれ結構良いバイク。

gn125

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

Bike
そろそろ交換しないとあかんと考え初めて半年程。
とうとうタイヤがいかれた。

今日はずいぶんとよい天気だったので、多摩川をぐるっとしてこようとおもって、ちょうど川崎にわたった所でパンク。

家までは大体6kmという担いで歩くには遠く、押していくにしてはちょっと遠い道のり。
まぁ、結局ほとんどは押して歩いた訳だけれども。

家に帰ってみて、さっそくばらしたら、どうやらスネークバイトではないみたい。
よくよく見ると、前々からヤバいなと思っていたタイヤの亀裂のちょうど真裏。
こりゃこの亀裂から石でも入ったか刺さったかと考えるのが順当な所だろう。

タイヤ自体の亀裂も、大体1cm位で、フロントのタイヤにも同じ様な亀裂が入っていたので、
せっかくだしタイヤ交換もする事にした。

そこまで高いタイヤを購入する事も別に無いとおもってはいたが、
さすがにすぐに購入できないと明日からの利用に制限がでるので、近場のショップに。

以外にも、しっかりしたパーツを扱いながらもママチャリまで面倒を見る店だったようで、
Panaracer辺の安いチューブを探していたら、ロードだけは若干高いが、ちゃんとした物を扱っていた。

タイヤも同じ。
ミシュラン、グランコンペ、あとどっか。の3メーカ、6種類程があった。

さすがにミシュランはまず候補から外す。
できればVittoriaを引き続き使ってみたかったが置いていないので仕方ない。
残りは妙に溝のついた物と、
グランコンペのタイヤ。
てか、グランコンペって元々ピストバイク用の物だったと思う。

てことは耐久性にグリップ力はしっかりしているはず。
値段も、まぁ、予想していたのに少し水増しした金額。
(予定外の出費は変らないけれども。)

タイヤ購入後、リアはチューブ、タイヤ交換。
フロントはタイヤ交換。

所要時間、約1時間。
タイヤを入れる所で時間かかったなぁ。新品のタイヤだからうまくホイールに収まらなくって・・・。

あとせっかくだから写真撮っとけば良かったなぁ。


関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。