スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物欲

年始にパナソニックのホームベーカリーSD-BMT1001-Tを購入して1ヶ月が経った。正直言うとここまで利用できるとは思ってもいなかったし、ホームベーカリーはもっとシンプルなものだと思っていた。

ホームベーカリー自体を「購入しよう!」と思ってから、どのメーカにするか、いろいろ考えたのだけれども、それをざっとまとめておく。


物欲

年の瀬になったので、今年一年を振り返って散財した購入して良かったものを列記する。

正直、どれだけ散財したのか確認するのは怖ろしいところ

漫画(電子書籍含む)

今年購入した漫画一覧。ほとんどが電子書籍。あまりにも多いので、私的なランキング付き

☆☆☆☆☆

☆☆☆☆

☆☆


関連キーワード(ユーザータグ):
漫画
散財

物欲
先日、ふと立ち寄ったプラモ屋で「1/35 タチコマプラモデル」を見つけた。

プラモデルなんて、1/144のガンダムがほとんどで、はるか昔にMGのガンダムMK-Ⅱ(ティターンズ仕様)を作っただけだったが、タチコマを愛でたかったので購入。組み立てた。

一応、接着剤の類は必要ない、とのことだったが、せめてスプレーで色塗りくらいしてあげればよかったなぁと今更ながらに後悔。

R0012805.png
作成中。細かなパーツがあって1日少しづつしか進まない



物欲
timeoak2.jpg

24時間つけるだけでウイスキーを3年熟成させるのと同じ意味を持たせるという魔法の棒、
Whiskey ElementsのTime and Oak を年始に購入。
色々と試してみたことをまとめていなかったと思うのでまとめておく。備忘録。

購入したのはMULTI-FLAVORキット。
内容は
 ・Signature 2本
 ・Wine 2本
 ・Smoke 2本

使い方は、750mlあたり1本を24時間瓶につけるだけ、というとてもシンプルなもの。
1ガロン(1800ml)には2本となるらしい。
ウイスキーは700-750mlが一般的だと思うので、とりあえず1本ずつ利用した。

24時間後に取り出さなくてはならない、というわけではなく、24時間で3年の熟成となり、
その後も熟成は進むが最初の24時間ほど劇的ではなくなる、というところ。
なお、購入時についてくるカードには「We recommend removing the element within 3 weeks based on your flavor preference」と、3週間以内に取り出すように求められている。

個人的には、Signature はともかくSmokeとWineは1週間程度で取り除く方が自分好み。

で、肝心のウイスキーの変化は、
1.アルコールの刺激臭がなくなる
2.酒の丸みが出る。
3.ほのかに香りが変わる

の3点。
特に、「アルコールの刺激臭がなくなる」というのが素晴らしくよく、
アルコール自体がなくなっているわけじゃないのに、鼻につく刺激臭だけがなくなる。
3年熟成が進む、というよりももはや別のものになってしまう。といった印象。

Wineを入れた場合は酒の色自体も濃い黄金色へと変わってしまう。
高いお酒にはさすがに使う気にはなれないけれども、
フォアローゼスやジムビームのように1瓶1000円前後のウイスキーに対して使うと、色々と楽しめました。
特に、Whiskey Elementsを使っていない瓶と
Whiskey Elementsを使った瓶を同時に開栓して味の変化を楽しみながら飲むのがとても良かった。
あ、注文してからだいたい2週間ほどで届きます。

次回もまた、MULTI-FLAVORを購入することになりそう
( ^ω^ )

timeoak.jpg




物欲
長谷園のいぶしぎん ミニを購入した。

週刊アスキーの「カオスだもんね」の特集の中で触れられていたことがきっかけでいいなー。と思って衝動買いした。

購入したのは「いぶしぎん ミニ」最初から大きいものを購入しても使い勝手がわからないので、ミニにしたのだが、
これはこれでかなり使い勝手が良かったので十分満足である。

1012.png

1010.png

チップはこの程度。ドーナツ状に広げて、その上に傘代わりのアルミホイルを置いておくと、燻製時に生じる水が落ちてもチップを消してしまうことはないので何をやるときも被せておくと良い気がする。

0950.png


0975.png

1013.png

色々と利用してみた結果、野菜の類は説明書通りの時間で大丈夫だけれども、
肉厚のものであれば20−30分程度の時間をかけて弱火でじっくりとこなすことが良い。
また、肉類は思っている以上に水気がでるので、チップの上に置く傘もしっかりと作成しておくこと。
肉の量によっては底に1cm強の汁が溜まることもあり得るので注意しよう。





物欲
MacbookAir(Late2010)の調子が悪い。
どれくらい悪いかというと、スリープができない。
スリープした状態で置いておくと、どんどん熱くなり(CPUが暴走?)、FANが暴走し、
スリープから元に戻せない(OSハング?)

そのため、MacbookAirを利用する場合は毎回電源をOFFしないといけない。
これだけならまだましだった。

最近は、起動すると3回に2回は起動しない(起動ディスクが見つからない)
という状態になっている。

さすがに限界を感じているので新しい端末が欲しい所。

新しい端末を購入するにあたってのポイントは2点
・Windowsを利用することもあり得るのでWindowsOSが利用できること。
・軽量であること。
・MSOffice(マクロ利用・編集するのでLibreOffice,Pages不可)
・サイズは11~13インチ

できれば欲しい機能
・タッチパネル

Windowsが欲しい理由としては母艦がiMacである一方、仕事上Office(のマクロ)を利用する事が多々あり、
微妙にMacだけでは痒い事から。
あと単純にWindows8.1を使ってみたい(笑

、とここまで書いていて自宅に放置されている自作PCがまさにこの機能すべてある事に気がついた。
最近利用していない理由は、場所をとる、から。
PCケースを入れ替えれば多少コンパクトになるはずなのだが・・・。
iMacからリモートデスクトップで利用するかなぁ・・・。

物欲


もっさりして来たためにここ1年くらい利用頻度の少なかったGalaxy note

来月にはdocomoの二年縛りも切れるからとMNPによる別端末をと思い始めていたが、
ここ最近の携帯各社のMNP合戦に総務省からの指導が入るなどの噂から、
2014年3月以降、めっきりキャッシュバックが減ってしまった。

あえてキャッシュバックを受けたところで、また二年縛りになるので、
イーモバイルのNEXUS 5(SIMは二年縛りだが、端末はSIMフリーとの噂)
か、
GoogleからNEXUS 5を購入しようかと頭の片隅で考えて二ヶ月。
……ぽちってしまった。

5月13日朝8時にぽちって、
13日の18時に出荷、
5月15日の朝9時に受け取りというスピーディさ。
海を越えて来たとは思えない。

そこで早速使おうと思ったのだが、
SIMカードをさしてもつかえない。
(Galaxy note sc-05d はマイクロSIMで、NEXUS5でも利用可能)

調べてると、どうやらdocomoのキャリア以外から購入した、いわゆるSIMフリー端末の利用には、
mopera U という契約が必要とのこと。

………まじかよorz


と思ってたら、今月の終わりまで、
mopera U 無料キャンペーンをやってるとのリンクを見つけたので、docomoオンラインから加入。

加入直接にハングオンによるSMS受信と、
NEXUS 5で通信できるようになったのでした。


物欲
R0011667.jpg



Sony最後のVaioとしてTap11を買おうかと思っていたけれども、欲しいスペック師にしたら30万近くになっちゃった。

そんなにはだせないしなー。とおもってApple Storeをのぞいていたら、「あ、ほしいなー」っておもってしまったのがいけなかった。

今現在利用しているMacBookAir (Late 2010)は、数年前に、OWCのSSD 256GB に換装しているものの、
メモリが2GBなので、いろいろとアップアップ感がある。
そのてん、今のiMacはメモリ8GBが基本

Apple製品の発売周期を確認して、MacBook Pro を「買ってしまえ」の文字をみながら、
ふと、

「自分のことだから、MacBook Pro を買ったら、Airは持ち歩かないよなぁ」と思ってしまった。

ほかにもいろいろあったけれどもなんだかんだなやんでiMacを買っちゃいました。(21インチ)

2014年の増税前に買うか、順当にまたしばらくまってから買うかも悩んだのだけれども、やっぱり買ってよかったと思う。
21インチイイよ。デスクトップいいよ!٩(ˊᗜˋ*)وー

物欲
004-04.jpg



Minorが断線してしまったので、色々とマイク付きイヤホンを試してきた。新宿ヨドバシで。

ヘッドホンやイヤホンを購入するときには、新宿ヨドバシのオーディオコーナーか、ダイナミックオーディオ5555のどちらかには行くようにしている。新宿ヨドバシは少々騒がしくても、会社帰りやちょっとした空き時間に寄れるので非常に楽。
ダイナミックオーディオさんは(自分の家からは)少々遠いいのだけれども、静かで種類が豊富。新宿ヨドバシなどではガラスケースに展示されているような高級ヘッドホンのたぐいも視聴できる。

閑話休題。
新宿ヨドバシで視聴したのは以下の3つ。
オーディオテクニカのATH-CKX9。価格は9000円台。典型的な耳栓型インナーイヤー。低音にも高温にもほどよい音の伸びしろで、正直な所価格と音質のバランスは一番良いと感じた。型番に何もついていないモデルは普通のイヤホンで、末尾に i がつくモデルがマイク付きであるということ。最近発売されたATH-CHX7 も試してみたけれども、たった数千円での音質の差がありすぎる。CHX7を購入するくらいなら、少し背伸びしてCHX9を購入したい所。
最後まで購入を迷ったが、どうしてもイヤホンジャックの弱さが気になった。

SonyのXBA-H3うん。とてもいいのだけれども、どうしても高い。高すぎる。XBA-H1も試してみたけれども、先に高い方を試してみてはだけだね。MDR1のヘッドホンも試したけれども、若干低音域が弱い気がした。
自分はXperiaを使っていないのでわからないけれども、Xperiaを使っているとリモコンの操作方法を自分なりのカスタムをできるといった、また違った楽しみ方がある・・・?見たい。

というわけで最終的に落ち着いたのは、BoseのSports Headphones。
これまでBoseのWave,Wireless speaker,QC3,QC2,QC15と使ってきたものの、(あれ、なんかBose持ちすぎ?)
長年Boseを使い続けていた理由としては、アフターケアが良い所。
今回のマーシャルのように、イヤホンやヘッドホンは1年の保証期間が切れると修理してくれないことがあったり、
例えば、足に引っ掛けて線を(物理的に)切ってしまった場合も、修理してくれたりする。
難点はやっぱりちょっとお高いところ。とはいえ、オーディオテクニカと比べると作りもしっかりしているし、
スポーツ対応をうたっているからには、しっかりしているはずだ。きっと。

あと、年明けまでキャンペーンやってるよ!





物欲
003-03.jpg


アンプメーカのマーシャルが作成している、耳に入れるタイプのヘッドホン、「Minor」が断線してしまった。

どういう断線の仕方かわからないが、中音域の音が聞こえない。低音と高音ははっきり出るのに、中音域が全く聞こえない。これはこれで( ・∀・)イイ!!。

だが残念なことに、iPhoneでの通話に支障をきたすので、このままにはしておけない。
購入元のヨドバシカメラを通じて修理を依頼したのだが・・・。
販売後1年以内は『新品交換』だけれども、
販売後1年以上立ってしまった場合は、『修理・保証対象外』・・・。

う〜ん。新しくイヤホンを買うしか無いのかなぁ(´Д⊂グスン・・・。

物欲
005-05.jpg



Nike FuelBand SEを購入した。

SoftbankがSMAPのCMで宣伝していたブレスレット型の活動量計FitbitのNike版。
西欧、欧米ではもう1年以上前から売られていて、今回2世代目となり、日本でも発売した。

ネットで見る限り、初代モデルの連携はBluetooth接続。
SEについても同じく、Bluetoothでの接続ができる。
どういう仕組なのかはわからな無いが、Bluetoothの電源をONにしているだけでは、Fuelbandとは接続せず、
iPhoneの専用アプリを起動していないと、FuelbandのBluetoothの電源が入らないようだ。
(iPhoneやPCからBluetoothデバイスを検索しても見つからない。)

さて、このFuelband、数値の目安は、Nikeが独自に作成した FUELという単位。
Fuelbandを身につけて出歩くと、徐々にその値が溜まっていく。
目安として4,000がスポーツマン、といえる値。身につけて1日目。あっけなく、目標値に達成。
なんだよ余裕なんじゃないか。そう思っていた時期がありました。

2週間ほどつけてみるとよく分かる。4,000という値は、普通に暮らしているだけでは若干足りない。
一日の過ごし方によるのかもしれないけれども、自分の生活リズムに加えて1日に2~3km程走るか歩くかをしないと達成できない。中々計算されたものである。たまたまかもしれないが。

これをきっかけにもう少し体を絞れれば良いのだが。いつの間にか目標を達成できないことを日常にしてしまわないように注意したい。

2013-12-01 18


物欲
GoogleBootu01.jpg


モーターマガジン社のGOGGLEで春先に取り上げられていた、受注生産のぐっさんデザインブーツが届いた。

ぐっさんがデザインして、革ジャンメーカのKADOYAとGOGGLEのコラボ商品。マルチカラー(購入したもの)と野菊型押しの2種類が商品化される予定だったが、そこは迷わず赤。いや紅が綺麗に使われているマルチカラーを選択。
靴の通販は少しばかり心配であったけれども、届いた時にちょうど位のサイズで安心した。

写真からでは分かり難いかもしれないが、靴の甲と横は黒、靴の内側は紅、外側は濃い緑と色鮮やか。
すぐにでも履いて見たいところだが、こう暑いと中々ツーリングに行きたいとも思えないところがなー。(;一_一)

物欲
Microsoft のSurface Proが6月7日発売と、発表されたらしい

この春、Surface RTをヨドバシなんかの店頭で触ってみて、その触り心地からちょっとだけ(本当にちょっとだけ)欲しくなったりしたのだけれども、
本格的に触りた押してみようか!と日をあらためて違うお店に触りに行った所、
熱意が冷めた。

Surface RTとSurface Proは違うよ。
簡単に言ってしまえば、タブレット専用のWindows8を入れたのがSurface RT。だからWindowsのソフトやUSBなんかの周辺機器の使用にはかなり制限がつく。

Surface Proは「ちゃんとした」Windows8が入っている。だからパソコンとして使える。つまりはノートパソコン。

Surface RTを買わなかった理由はいくつかあるけれども、主なところは、
1. (専用OSだから)周辺機器の使用に制限がある
2. (専用OSだから)ソフトの利用にも制限がある
3.キーボードは2種類用意されているがそのどちらもが今ひとつ。

1.2.は使う状況を絞れば良いのかもしれないけれども、個人的に一番気になったのが3番め。
純正のまるでゴムのような「タッチカバー」の触り心地はものすごい良かった。
これは「欲しい!」と思うような感触で、使い勝手も良かったのだけれども、(展示方法に問題があったのか)
ものすごくホコリまみれだった。

「タッチカバー」の素材はシリコンだと思う。触り心地はまさにiPhoneなんかのシリコンケースと同じだった。
だからだろうか。展示方法に問題があったのか。ものすごくホコリまみれになっていた。パステルカラーで綺麗なものだから、逆にその汚れが目立って見えた。
正直、普段カバンにいれて持ち運んでいたとして、Surfaceはカバンクリーナーとしての機能は期待できるかもしれないけど、本来の用途で使うにはスタイリッシュじゃない。

そんな印象をもって物欲は沈した。

閑話休題。Surface Proの話であった。先にも出た、Surface RTとしての欠点であった、「専用OS」は排除され、「ちゃんとした」Windows8が入っている。
Windows8は好きだ。メトロUIはタッチパネルの使えないPCで動かすには使い勝手が悪い。でもタッチパネルで使ってみたりするときっと使いやすいのだろう。使ったことないけれど。
自分はTVにつなげているPCにWindows8を入れている。メインで使うのはMacだけど。
ネットやニュースなど、簡単な操作で良いのなら、a href="http://allabout.co.jp/gm/gc/403464/" target="_blank" title="メトロUI">メトロUIは使いやすい。TVもそれなりに大きいので、マウス操作となるといままではデスクトップのショートカットをクリックすることすらちょっと面倒だったけれど、
メトロUIだと、すこしの移動でマウスがボタンに吸い付くから便利である。

しかしSurface Pro には、キーボード以外にもいただけない点がある。
値段だ。値段が高すぎる。10万も払うのなら、僕はMac Book Airを買う。

そして次期だ。来月、そう、まさにSurface Proが出る時期に新しいCPUが出る
新しいCPU?それって必要?と思うかもしれないが、現時点での最新技術が盛りこんであること、
時期的に次のMacが出ること。そしてそこに搭載される可能性が高い事。
そうなると、いまのMacが型落ちとして安くなるだろうことSurface ProもそのうちCPUが新しいモデルがでるだろうこと。とを考えると、ちょっと次期が悪いよね。

だから僕は(たぶん)MacbookAirの現行モデル(が型落ちに周ったら)に手を出すと思う。





物欲
上巻 をまだ開封していないのに(笑)下巻が発送されてしまった. orz

おかしいな。ずっと上巻は机の上においてあったのに。
毎日毎日、「見ないとなー」と思っていたのに。(´;ω;`)ブワッ

まぁ、大晦日の放送をみてはいるんだけれどもね。

さすがに、エヴァとまどまぎが発送されるまでには見ておきたい。



物欲
前回の記事でカバーを購入したけれども、ものが届いて、1週間程つかってみたので、簡単な雑感を。

買ったのは ↓ です。 色々と色の種類もあるみたいです。(2013/2月2日)


Amazonからきた段階では、こんな感じの簡単な梱包でした。
そもそもこのカバーも値段の安さで選んだところがあるので、簡易包装でも問題ありません。
ちなみに、非常に嬉しいことに、自分のイメージ通りの赤に近い色でした。

cover1

開けるとこんなかんじです。
Amazonのサイトのイメージ画像にもあったけれども、ペンを指す部分があります。
しかし、Kindleを使う文には、ペンは…‥つかいませんよね。なんのためにあるのでしょう。

cover2

簡単なメモ程度は入りそうなポケットがあります。
ペン差しと一緒に使って、電子書籍を読んでいる時にちょっとしたメモを取れるように、とかそういった配慮でしょうか。
cover3

Kindleを入れてみます。

cover4

Kindleを入れた所。
cover5


さて、1週間つかってみての雑感。ポイントは以下。

持ちやすい
カバンの中でも(画面が)心配にならない
画面をあけたら自動で起動する



1. 持ちやすさ

素材のせいもありますが、Kidle本体だけではどうしても本体が薄くて、持っていると不安定でした。
カバーにいれたために、調度良い厚さになり(1cm位)電車の中で片手持ちをしても安定するようになりました。


2. カバンの中でも安心。

電源スイッチが勝手に押されて起動することは、ほぼなくなりました。
簡単なイメージですけれども、
  −
−−  −−
  ↑ 電源スイッチ

といった形に、カバーの厚さでスイッチが直接押されにくくなり、勝手に起動をしていないようです。
また、当たり前ですが、カバーをつけたことで画面の保護もできるようになりました。
これで安心して持ち歩けるようになりました。


3. カバーを開けると勝手に起動

これは嬉しい誤算でした。
どうやらiPadと同じように磁石で起動をしてくれる機能がKindleには備わっているようです。
カバーの表部分に、カバー閉じ用の磁石が付いているのですが、それが反応してか、
カバーを開けると勝手に起動してくれるようになりました。
Kindleをサッと取り出して、パッとあけて続きを読む。大変便利です。


さて、簡単に書かせてもらいましたが、結論から言えば大変満足しております。
さすがに、本体の値段の半分近くをカバー代にする度胸はありませんが、
このカバーは1600円程度ですので価格的にも、そして自分の好きな色があるという意味でも満足です。

…しかし前回の記事でも書きましたが、Kindleの人気カバーが本体の半分近い値段というのは、
 みなさんすごいですね。。。。





物欲
KindleのPaperWhiteを普段使いする上で、
持ち運び時には、PaperWhiteを買って、カバーの必要性があると書いたけれども、
実際に選択しようと思うと、これだけの種類がある。
アホか。

Kindle=Amazonなだけあって、ヨドバシ・ヤマダなど電気屋の店先では、カバーを探すことはできないだろうし、
かと言って適当に買ってみて使い勝手が悪いと困る。

TwelveSouthのBookbookのKindle版はないかなー。とHPを見てみても、
『We're Mac only』と掲げているように、
Kindle用は出ていないし、出る見込みもないだろう。

それならば、似たようなものを、とAmazonで検索してみた。
それがコレ



このメーカの他の種類をみてみる限り、悪くは…ない。
ないのだけれども、
価格3980
※Kindle PaperWhiteの値段は7980円

本体の半分近い価格がするカバー。。。。。。。。( ゚д゚)ポカーン

ちなみに、調べた時点でのKindle周辺機器でもっとも人気があったのはコレ ↓




さっきのと値段同じじゃん。。。。。。。。( ゚д゚)

Bookbookみたいな、見た目が良くて、デザイン性が統一できるのであれば、
多少の金額は払いますけれど、そういった満足度がないものに対して、
本体の半額近い金額は出せません。


というわけでポイントを絞って購入を検討
ポイントは以下

1. 価格が1000−2000円程度で収まること(安価なこと)
2. 色は『赤』系統があること

1番目は、これまでの話の流れの通り、単純に、本体が安い端末に対して、
そこまでの価格を出す気にはなれないこと。

2番目は、統一性の問題。
個人的な嗜好だけれども、可能な限りものは赤系統で揃えるようにしている。
お陰で僕の家のソファーは真っ赤だ。

閑話休題

上記のポイントを満たせないのであれば、購入は見送る、
もともとカバンの中で画面が点灯している(スイッチが入ってしまう)
のと、ちょっとばかり『画面が保護出来ればいいな」という動機なので、
そこまで金をかけるきにはならない。

特に『色=赤』と決めておけば、探すことも困難で、諦められる…
とおもっていたら、Kindleストア(カバー)の詳細検索に、
「カラー」の区分があってしっかりと赤色だけを検索することができた orz

さて、最終的に候補となったのは以下のカバー。

Kindle Paperwhite Leather case





Amazonお得意の割引によって、購入時の価格は1680円。

2つの条件も両方クリアしています。

あとは届いてからどんな感じかだなー。



物欲
Twelve Southのサイトから、BookBook for iPad Mini を購入した。

アンティークな古めの本を思わせる装丁。
革を利用しているところからくる触感。
MacBook Air で利用しているこのケースが昨年末にアメリカ本土で発売されていたというので、
どうせ日本でもそのうち販売されるけれどメーカ(Twelve South)からだと直接日本にも送ってくれるというわけで、購入することにした。 
ちなみに、アメリカAmazonで購入しようとしたら、日本への発送はしてくれなかった(泣)

送料が$30。本体が$69。
注文をしたのは、1月8日の深夜(9日直前)。
9日の08:00(日本時間)くらいに、商品の発送手続きに入るという簡素なメール(伝票番号と発送完了の文面のみ)が来たので、かなり早く到着するのではと思っていたが、
結局ものが来たのは、1月17日の夜だった。(16日に再配達手続きをしたので、実質7日)

配送はDHLという配送会社。

配送状況としては、以下のとおり。
1月12−14日の土日祝はDHLでは配送処理を行わないということ、
さらに国内配送は佐川急便が行なっているようで、
祝日開けのDHL→佐川への1日が必要だった。・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

以下、DHLの配送状態

Wednesday, January 16, 2013 取り扱いセンター 時間
16 配達先が不在の為、配達保留 TOKYO - JAPAN 21:29

Tuesday, January 15, 2013 取り扱いセンター 時間
15 配達手配中 TOKYO - JAPAN 08:57
14 配達業者への荷物引渡し準備完了 TOKYO - JAPAN 08:52
13 DHL施設へ到着 TOKYO - JAPAN TOKYO - JAPAN 06:53

Sunday, January 13, 2013 取り扱いセンター 時間
12 DHL施設から出発 TOKYO - JAPAN TOKYO - JAPAN 20:15
11 DHL施設にて搬送処理中 TOKYO - JAPAN TOKYO - JAPAN 20:13
10 通関許可 TOKYO - JAPAN TOKYO - JAPAN 09:27
9 DHL施設へ到着 TOKYO - JAPAN TOKYO - JAPAN 08:46
8 転送中 TOKYO - JAPAN TOKYO - JAPAN 07:45

Saturday, January 12, 2013 取り扱いセンター 時間
7 処理保留中 TOKYO - JAPAN 23:34

Friday, January 11, 2013 取り扱いセンター 時間
6 DHL施設から出発 CINCINNATI HUB - USA CINCINNATI HUB, OH - USA 06:39
5 DHL施設にて搬送処理中 CINCINNATI HUB - USA CINCINNATI HUB, OH - USA 05:20
4 DHL施設へ到着 CINCINNATI HUB - USA CINCINNATI HUB, OH - USA 03:17

Thursday, January 10, 2013 取り扱いセンター 時間
3 DHL施設から出発 NORTH CHARLESTON - USA NORTH CHARLESTON, SC - USA 19:10
2 DHL施設にて搬送処理中 NORTH CHARLESTON - USA NORTH CHARLESTON, SC - USA 19:09
1 荷物集荷 NORTH CHARLESTON, SC - USA 16:15

で、やってきたのがこの包。
Amazonばりの薄型梱包、これで海を超えてきたとか分けわかんない(笑
1

横に記載されている Twelve South のロゴ(・ω<)

2


開梱…どうみても過剰包装です。本当に有難うございまいした。

3

なにやら薄い袋に入っています。

4


さっきの袋は簡易包装なのか、それともそういった梱包の作りなのかちょっとわからない。
AppleStoreならこのまま売っていそうな気配。

5


BookBook For iPad Mini ヽ(=´▽`=)ノ

6

開けると、iPad Mini が収まるべきところに、説明書が入っています!

7

成る程。このように、iPadの部分は可変なのですね。
 
8

iPadを入れた所。
こまかな使用感などはまだまだわかりませんのですが、とりあえず、MacbookAirと並べてみましょう。

9

重ねた所。

10

MacbookAirのBookBookと並べた所。
比較するとやっぱり大きさが違いますね。

11


物欲
なにこれ超欲しい

一言で言えばポータブルHDD。
USB3.0対応。

だけれどこれだけじゃない。
4.5時間のバッテリーと、Wifiスポットと対応。つまりポータブルNAS。
500GBのポータブルNAS。

こんなのあれば、もうタブレットとか、最小容量で十分じゃないですか。。。



物欲
自宅の回線をWimaxにして2ヶ月程になる。
たびたび断線する、といった不可思議な現象はあるけれども、概ね満足。
特に設置場所に 困らないというのは強い。

ちょっと外で利用したいときは持っていけば良い。
大都市近郊はほとんどの場所で利用できるとのことであり、実際僕の行動圏では今のところ圏外になったことはない。

ただ、自宅にはサーバがあって、それが利用できなくなるのがなぁということが難点であった。
携帯(スマホ)を持っていれば接続できるが、外でもPCを使いたい…ということも度々ある。
本当に必要なデータはメールなりDropboxのようなオンラインストレージに上げてしまっているので、
外出時にPCから自宅サーバにアクセスする必要性はあまりないが、ちょっと調べ物をしたいときに携帯(スマホ)しか利用できない、というのは少し不自由であった。

そんなとき、機器追加オプションなるものがWimaxではあることをしった。
まとめると、
.Macアドレスを予め登録しておき、優先度をつけておくと、優先度の高い機器から順に接続できる
.機器「追加」のため、同一アカウントに紐づいている機器では多重通信できない。
.すべてのプロバイダーではないが、対応しているプロバイダーは多い
.月額200円程度

といったところ。

ソフマップで3300Rが3900円だったこともあり、これを持ち運び用とすることにした。
(ほんとなら、バッテリーの持ちの良い3500Rを持ち運びたいが、3300Rは有線LANがないため断念)

設定は、しごく簡単で5分程度。

1.3300Rの設定画面に入る。(NECルータはhttp://192.168.0.1 が多いようだ)
2.スタートアップで自動契約を開始するを選択
3.(契約なんかしていないので)数分後、Wimax統合ページ とやらに飛ばされる
4.ページ内の自分のプロバイダーを選択、ログインして機器を追加する

で、このあとで機器毎の優先度設定を「高い」「標準」「低い」としてつける。

PingをGoogleサーバに打ちながら確認したところ、
「高い」ルータがWimaxに接続されて50秒で断線。
Wimaxの接続断を行うと「低い」ルータが30秒程度で回線復活
「高い」ルータの電源断(Wimax接続を意図的に切らない)でおくと、350秒で「低い」ルータが復活。

これでちょっと外で使いたいが、自宅のサーバにその日一日アクセス出来ない!
なんてことがなくなった。
(理想を言うならWimaxで自宅のサーバに接続したいところだが…)

それにしても1契約で複数台を利用できるとは…便利な時代になったものだ。

物欲
半年ほど前に実家から持ってきた11n
の無線LANルータを使っても、PS3をメディアプレーヤとして利用しているときに、満足の行くレスポンスがでず、イライラしていた。
ろくに調べもせず、メモリが少ないから遅いのではないかと考え、有線でつないでいた。

先日、引越しを機に無線設定を見なおしたところ、
我が家のPS3には11nがなく、11gで接続していることに気がついた。

ならばと有線LANを無線化するアダプタ(無線子機)の購入を決意したわけだが、思いの外ラインナップが少ない。

価格面でいくと、文句なしにP◯i社
ものになるのだが、
ここでは以前粗悪品を掴まされた挙句、メーカサポート/不良品交換に対する対応が非常に悪く、
二度と購入するものか!
とまでおもっていたので、論外。

順当にバッファロー社の子機にする。

Buffaloの子機は、二種類。有線LAN(つまり無線化できる台数が)標準で4台のものか2台のもの。
どちらもその下にルータをかませば増設は可能だが、宅内で4台以上も必要にはならないだろう。


こんかい購入したのはワイヤレスユニット WLAE-AG300N。価格は5700円程。

親機もBuffaloのものだが、ひねくれているので、AOSSは利用しない。
Macに直結して手動で子機
化しようとしたところ設定方法がわからず40分程かかってしまったので、以下、箇条書き。


1.子機設定化の書き方がわかりにくい。
[無線設定]->[エアステーション間接続機能]->
から、エアーステーション間接続機能対応の親機をもっていれば「子機」設定
(多分)
我が家の親機は少し古いのか、↑機能がないので、「子機(EC)」にする必要があった。

その後、親機のSSIDとパスワードをしていして「保存」

2.無線機能をOffにする
子機として設定されても、親機としての機能も生きている(中継器扱い?)
そのため、[11n/a/b/g]->[無線機能] をOFFにする

3.IPアドレス
Buffaloの無線機は基本 192.168.11.1 or 100 が工場出荷時の構成。
競合しないようかつ、親機のIPと合うようにビット数あわせて指定しておく。

※初期設定のためにログインすらできない場合は、上記3を考えて、
 子機 ー有線ー PC (192.168.11.2 / 24 ) にすれば、たぶんhttp://192.168.11.1 or 100 で管理画面に入れるはず。

さて、これで快適なブロードバンドの到来だ!



物欲
リエフジャパン(RIEJU Japan)のバイクを試乗できないかとおもって、見に行った。
巷では販売されたーとかって聞かないので、震災の余波で遅れているのかと思っていた。
だっていろんな雑誌みても、そんな感じの濁し方しているし。


試乗できないかとおもって見に行ったのは、バイクショップロミオの西宮店
Gooバイクみていたら置いてある上に、36万9千円からとかってなってるので、試乗できるのでは?
とおもって行ってみた。


結論としてはできなかったのだがorz
で、店にはまさにコレRS3 125↓があった。(西宮店のページから)


店の中では窓ぎりぎりにおいてあって、最初気がつかなかった。
普通に400クラスのものかと思っていた。となりにあった、CBR250/NINJYA250Rの方が小さい可能性もある。

「震災で納車とかプレスリリースがおくれてるんですか?」ときいたら、

「プレスはわかんないけれども、実際、ウチ(ロミオチェーン)が日本の販売店であるのは決定している。」
「3月初旬から販売していて、すでに1台日本では売れているはず。残りの1台が西宮店のこの1台。
 その後は納車までに2~3ヶ月かかるかもしれないので、試乗車も用意出来ていない」

とのこと。
うーん。SSの125は珍しいから、うかつに手をだしたくはないし…。

もう少し考えるかなぁ…。






物欲
夏の夜会
解体諸因 を読み終えた。

どちらも電車などでよむにはちょうどよいかも。
たまにある、ショートショートをいくつか綴って、その短編(一章)構成が最終的には一つの流れとなって一つの話となるスタイルの小説であった。

ちなみに解体~のほうがデビュー作らしいが、やはりどことなく森博嗣を彷彿とさせる作品であった。




物欲

ここずっと連休なんて気の聞いたものがなかったのだが、なんか一番とっちゃダメっぽいタイミングでとれた。

世間様もお盆なんだし、たしかにできればせめて土日の連休をと希望した気はするのだが。


あ、でも連休は月、火です。

なのでサイクリスト八月号?にのっていた道を走ってみかったので走ってきた。
否、走っている


なんか信州はいってからやたら電波悪い(ソフトバンク


そのうち追記で。









物欲
今日も夜のお仕事(笑

いつもと違いのんびり起きて、飯食って。
八時半くらいから家を出る支度をしてジムにいく。

金曜は休みなので(ジムが)
まぁ図書館行ったり買い出ししたり。

そんな生活

物欲
今週の物欲


欲しいもの;
キャップレス万年筆
 -- ボールペン代わりに。 最近いちいちキャップ外すのがめんどくさくて

万年筆;インク;ナポレオンボナパルト
 -- ブルーブラックのかなり淡い感じの発色だとか。さがしたのだけれども、売り切れでした。

figma サマーウォーズ キング・カズマ
 --いや、そりゃ、その、ねぇ。

MacminiServer
 --最近、一部処理落ちしているサーバの控え兼重要な部分をやっぱしGUi環境で整えたいなぁ、と。

W'Rsマフラー
 --そろそろ純正から音を替えてみたいなぁ、と。

最近の物用はそんなかんじですよ、と。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。