スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geek
最近気がついたのだが、一部のメールが受信できなかった。
それを解決する為につまづいた所。

1。送信ができない問題

OP25対策をしているプロバイダーの場合、TCP25,587をから出ないと設定できないと思うので、まずそこらの確認。

2.携帯から受信はできるがPCメールから受信できない場合。

これにはかなり時間がかかった。
具体的にはHotmail,Gmailからメールが受信できない。
それ以外のフリーメールは持っていなかったので、ここからテスト=PCのメールは全て受信できないのだ。
と決めつけていた。

よくよく考えて各Daemonさんのメールから、送信先サーバのアドレスをIp広場などで確かめると、
その全てがアメリカにある。

自分の場合、日本以外の国からのアクセスをipアドレスから判断して拒否している。
その結果、メールサーバーからの通信も拒否していた、ということ。

メール側の設定ではなく、
iptables側の設定の問題。


ああ、そういえば以前の記事の
rsync+sshはうまくいっている。
このまま同期を一、二週間に一回にしていけば
かなり便利な物になりそう。

やらなくても良いのだろうが、
centos,Osx標準搭載されているrsyncは2.6.xくらいのバージョン。
(調べるには rsync --version)

centosは確かrpmのリポジトリを追加すれば良いが、
osxはMacportsを利用しないとインストールできない。

Rsync3の方が何かと使い勝手が良いので、こちらを推奨。

Geek
夏。

猛 暑 襲 来 !

そんな今日この頃のため、サーバーのバックアップを同じ筐体でおこなうことがかなり不安。
いきなり熱でやられるのではないかと思ったり。
そんなわけで安いサーバー欲しいなぁとかおもっていたけれども、
そんなにパソコンとかあっても邪魔なだけだし、何より高い。

まぁ、そのクラスの物で考えると安いのかもしれないけれども。
なわけで、この考えは廃案。さらば物欲。

次に考えたのがHDD換装。
それでも色々調べるとどうにもHDDは3.5ではなく、2.5しかつめないみたい。
となるとどうしても500GB。
激的に大きくなる訳ではないし、なにより内部こじ開けて壊れるのもなぁ。
なわけでこの案もだめ。


そもそもやりたい事は、
ファイルサーバの自動バックアップ。
これにつきる。

ならばrsyncとsshとが繋がれば良いのではないか、と考える。
バックアップ先はOSXのおかげで、USBとかの外付けディスクで可。
スリープも使えるし、あらかじめ名前つけておけば自動マウントしてくれる。
OSXはUnix仕様なわけで、(Windowsは良く知らないけれど)
USBなり、ファイルサーバなりは

/Volumes/ 

ディレクトリ以下に置かれる。

だから適当にHDDにhogehogeとかって名前を付ければ

/Volumes/hogehoge

がそのデバイスになる。
これで、まずバックアップ先の指定、ディレクトリなどの問題はクリア。
(外付けUSBだとLinuxなんかはUSBの物理的アドレス?を指定する必要があるからね。)

その2。
OSXへのリモートログイン

SnowLeopardの環境設定->共有
からリモートログインはできるのだが、
そこでつまづいた。

さすがに管理者権限で入られるのは、(家庭用とはいえ)怖いので
適当なユーザをつくろうとしたところ、


このコンピュータにリモートからログインするには、
“ssh 管理者名@ネットワークアドレス”と入力してください。

とでやがる。
そんなばかな、とおもいながら、管理者名でログインしようとするとエラー。
作成したユーザでログインしようとしてもエラー。

なぜこうなっているのかまったくわからん。

仕方が無いので、管理者ユーザでのログインを許可する。


その3;

その2で管理者で入れる様にしてしまったので、
公開鍵の設定でサーバを指定する事にした。

まずは順当にサーバ側で

#ssh-keygen -t rsa
で公開鍵を作成。(すべて空Enter)

その後、scpコマンドを使ってOSX側にコピー。

念のため、
サーバ側のid_rsp.pubを削除

その後、
OSX側で
.ssh/以下に置かれた公開鍵を
authorized_keys
に変更。
パーミッションの類いも変更。

スーパーユーザ状態で
from="サーバ"
をauthorized_keysの冒頭に追記し、
hosts以下にサーバのネットワークアドレスを追記。


これでまぁひとまず大丈夫、なはず。

あとはcronに適当にバックアップファイルとそのスクリプトを書けば大丈夫、なはず。

なぜそこまでやっていないかというとまだ外付けHDDを用意していないから。w

物欲
今週の物欲


欲しいもの;
キャップレス万年筆
 -- ボールペン代わりに。 最近いちいちキャップ外すのがめんどくさくて

万年筆;インク;ナポレオンボナパルト
 -- ブルーブラックのかなり淡い感じの発色だとか。さがしたのだけれども、売り切れでした。

figma サマーウォーズ キング・カズマ
 --いや、そりゃ、その、ねぇ。

MacminiServer
 --最近、一部処理落ちしているサーバの控え兼重要な部分をやっぱしGUi環境で整えたいなぁ、と。

W'Rsマフラー
 --そろそろ純正から音を替えてみたいなぁ、と。

最近の物用はそんなかんじですよ、と。

Books
剣客商売を読み終えた。

まだ一作目しかよんでいないけれども、これは面白い。
こういう世直し・・・ではないか、切り捨て御免、でもないんだけれども、そういった勧善懲悪の話は好きだなぁ。

おそらく親子にまたがる物語なのだろうと思えども、今の所 古兵衛が主人公にしか見えない。

そのうち三冬が主人公になるのだろうか。

池波正太郎だとか、そのほかの時代物を読んだ事が無い訳ではないのだけれども、
この本がことさら読み易かったのはおそらく妙に細かい設定だとか解説が無いからだと思う。
日本史の知識が無いといってしまう様な物だが、そういった必要以上に当時の描写をしたり、
また、当時の言い回しだとかを使われてしまうと,どうしてもそちらの方に意識がかかり切りになってしまう。

そういった描写がないからこそ、読み易かったのかもしれない。続きが楽しみだ。

Geek
開発者用バンドルが最終βになったので、試しついでに入れてみた。

iPhone自体は3GSなので、厳密にはiPhone4とは異なる動きをするっぽい。
たぶん。

OSを入れ直しになるのだから仕方ないのだろうけど、アプリや音楽が全部消えてしまうのはちょっとなー。
インストール作業だけでもはや2時間経っている。

こういう度に思うけれども、iPhoneはビジネスに向けた携帯電話というジャンルではないよね。
スマートフォンなんだ、とかって意味ではなくて、
同期やバックアップがとれるのは確かにすばらしいと思う。
だけれども、そういった作業をするたびに一定時間使えなくなる。
メールを受信したのを確認できても返信できないとか、
そういったことは携帯電話、特にビジネスにむけたーとなると
致命的なのではないだろうか。

やれやれ、ようやく2500曲中の500曲の転送がおわりそうだ。
聴く音楽ももっとしぼるかなぁ。ようやく10分の1以下にしたのに...

Bike
前から行こう行こうと話しながらなかなかタイミングが合わなかったが、
ツーリングにいってきた。

連れは元登山仲間のハーレー乗り。
まぁいまでも心は現役で登山してますが、如何せん時間<やる気がでない。
自分で企画までするとなると一年に一度が良い所になってしまうなぁ。
誰か連れて行く、or連れて行かれるとなると意識が変わるんだけれどね。

いつでもOk,はい、一人でドーゾ、となるとまさに自由の牢獄。

まぁそれはおいておいて。
伊豆にいってきたれり。

時間としては
10’00    16号と環状二号の交差点から環状二号沿いに1号線を目指す
12’10ゴロ  小田原到着
13’30ゴロ  伊東到着(&食事
15’00ジャスト西伊豆スカイラインの展望台
17’00ゴロ  道の湯(59号沿い?
19’00ゴロ  海老名SA
19’30ゴロ  帰宅

という感じ。
帰りも下道の予定だったけれども、あまりにも渋滞していて断念

だいたい300km位はしったのかなー。
 
バイク

関連キーワード(ユーザータグ):
二輪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。