Books
フリーター、家を買う。を読み終えた。

題名に引かれて手に取ってしまったので、内容は予想とはまったく違った。
てっきり、フリータが家を買うためは?とか、実際に買ったノンフィクションの本だとおもっていた。

作者名をみずに手に取っていたのだが、よくよくみれば有川浩。
図書館戦争とかの作者だったはず。
内容もそういったライトな小説家と思っていたら・・・

とりあえず前半の話が重すぎた。就職氷河期といわれる今だからこそさらに重い。
かなりヘヴィな所から、物語は進んでいく。ついつい一気によみたくなる本だとおもう。
重い内容の割に文体はライトだから読み易いしね。



Geek
Steins;Gateはやっておくべき。べき。

Xbox360の時に比べて、大きく変わらないとの事なので、Windowsでまでやりはしない・・・はず。


それはさておきPCの話。
少し前にマスターのHDDがお逝きになられて、なかなかどーして色んな事が非常にめんどくさかった。
とりあえず部屋に転がっていたHDDを使って復旧しついでにRAIDを組んだはずが、なぜかRaid0(ストライピング)に。
まぁ単なるオペミスですが。

さらに、(おそらくこれが原因で)部屋に放置されていたせいか、早速不良セクタが見つかったみたい。
いきなり寿命制限。デスマーチなPC。

こういう事ばかりに時間つかうのもあれだからもう一台組むかなー。とおもって色々パーツをそろえてみた。

マザボ--PCデポのアウトレットコーナーの片隅で値引きにつぐ値引きをされたJastway,ha08-ultra
メモリ--旧機から拝借
電源--ヨドバシのアウトレットコーナーの(以下略
HDD--押し入れの中に転がっていたなぞのHDD
CDROM--USBの外付け(インストールのみ。

これでOSはLinuxあたりだなー、と考え中。
本日立ち寄ったソフマップで中古CPUが売っていたので欲をだして買ってみた。

「装着」

→BIOSすら立ち上がらない。



ビープもならない。

不良品?
これまた部屋に転がっていた旧機(現機でもある)の旧CPUを利用してみると、ばっちりBIOS起動。

うーーーん。
とりあえずソフマップにコールするしかないなぁ。
さすがにCPUはもうちょっと慎重になるべきだったかぁ。