物欲
夏の夜会
解体諸因 を読み終えた。

どちらも電車などでよむにはちょうどよいかも。
たまにある、ショートショートをいくつか綴って、その短編(一章)構成が最終的には一つの流れとなって一つの話となるスタイルの小説であった。

ちなみに解体~のほうがデビュー作らしいが、やはりどことなく森博嗣を彷彿とさせる作品であった。




Books
収穫祭を読み終えた。

この人の本はおそらく始めてだと思う。あおりからSIRENの様なものを想定していたのだけれども、かなりちがった。
推理小説ではあるけれども話の謎、それを解くことが大筋ではない気がする。
犀川先生シリーズ、とまではいかないけれども、それに近い印象を受けた。

事件が人にどのように影響したかを書いている感じがした。
それと(個人的に)典型的な昭和の日本文学というスタイルであった。

嫌いではないけれども、すこし物足りないなぁ。