スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geek
TechNetサブスクリプションに加入したのだから、せっかくだからとWindows Home Server 2011 (WHS2011)をインストールしてしばらく使ってみた。
が、すぐ消した(落ち)

消した理由は、
・いくつかのソフトウェアのインストーラがServer OSではインストールできなかった。
 (このOSでは利用できません云々が出る)
・NASは別にもっているし、Windowsマシンは一台だけなのでバックアップする必要がない。
間違えて英語版をインストールしたせいで、日本語ソフトがインストールできなかった

そんなわけで、再度WHS2011(日本語版)を入れて評価し直すのがめんどくさくなってしまった。

せっかく評価ライセンスもらったのにね!
まぁ、また時間のあるときに、MacMini(Mid2009?)にBootcampでWHS2011とか入れて遊んでみるかな。

せっかくなので、インストールまでの方法をいかに記述する。
一部のサイトでは、インストール中にNICのドライバが入れられないとかそんなことを行っているが、別にそんなことなかった


【USBでのインストール】
ここを参考にUSBのインストールディスクをつくる。これは、どのWindowsモデルでも共通。

Windowsが起動しているPCから行うこと(当たり前か)
ちなみに、最初の diskpart でやってることを、「なんだ、FAT32でクイックフォーマットすればいいのか」と読み替えていたせいで、MBRの書き込みができなかった。
一度でもMac OSXでUSBをFAT32消去すると、妙なシステム領域が作成されるためM/BがうまくMBRを認識できなくなる。
大人しく、下記手順で…

Windowsを起動し
「cmd」→右クリックから「管理者として実行」

> diskpart

DISKPART> list disk
####  システムが認識しているディスクがすべて出るため、容量からUSBを確認
####  以下はUSBが Disk 1 のとき
DISKPART> select disk 1
DISKPART> clean
DISKPART> create partiton primary
DISKPART> select partition 1
DISKPART> active
DISKPART> format fs=fat32
#########
######### 完全フォーマットがされるため100%になるまで待機
DISKPART> assign
DISKPART> exit

ここで、またはここまでにWindowsOSをマウントしておく。
CDドライブがF:
USBドライブがG:であるとすれば

>xcopy F:* /s/e/f G:
または、
>robocopy F:* G: /MIR /COPYALL

個人的には、xcopy よりもrobocopyのほうが好き。

終わったら、USBのBootSect からMBRを自身に作成する。
*MBR(Master Boot Record)マザーボードに、ディスクの読み方を教えて起動させるためのもの。
 と思っておけばイイ。
>cd /D G:\boot
G:\boot > bootsect.exe /nt60 /mbr /G:

##### OSイメージを書き込んだ部分に対して成功
#####
##### MBR作成/アップデートに成功

の2種類の成功が見えれば良い。
Cannnot なんたらかんたら、とでたらそのエラーを確認して再度実行すれば良い。

最後に自動インストール+160GB制限回避を避けるため、
USB直下に、

cfg.ini を作成し

[WinPE]
ConfigDisk=1
CheckReqs=0
WindowsPartitionSize=MAX

[InitialConfiguration]
AcceptEula=true
AcceptOEMEula=true
ServerName=サーバ名
PlainTextPassword=パスワード
PasswordHint=パスワードヒント
Settings=All

といったものを書き込んでおく。

ここまでが終わればインストールしたいPCにUSBをつなげて機動。

起動中にF10なりDelなりを押してBIOSかBootableディスク選択画面に行く。
GIGABYTEのマザーボードではF12から起動ディスク選択にいける。

起動ディスク選択からものを選べば、今回の機動だけその機動ディスクとなる
個人的にはこっちの好き。
(OSインストール中の再起動時にUSBブート→再度インストール開始といったことを防げる)

インストール後、いろんなサイトでちらほら見えるNICドライバ問題がでます。
コレが出たらまずは再起動。
USBなどにマザーボードのCDの中身を(特にNW (ネットワーク)のフォルダを)コピペ

再起動後、再度システム構成のスキャンが始まるが、
Ctrl + Alt + Delete  を押下。

Task Manager を機動。

→ プロセス一覧  から システム構成のスキャンのプロセスを強制終了(笑

WHSが起動するので、
管理 → デバイスマネージャー → ネットワークアダプタ → ドライバのインストール から、
先程USBなどに焼いたネットワークドライバのフォルダを再帰的に追っていき、
***.inf 等を選択する。
(ドライバインストール設定が書いてある。
 大概の場合は、 x86 / x64 といった具合でOSのBit毎にフォルダが用意されている)

インストール終了後、再度再起動を行い、残りのドライバをインストール。

以上。 

Geek
好きなMicrosoft製品(Windows以外にOfficeとか)を好きなだけ、検証、調教、調整することのできるライセンスがもらえるTechNetに加入した。

一度入ると、その当時のライセンスはずっとのこるので、今年入れば(多分)Windows8も好きなだけ(検証目的に)利用可能。

https://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/buy/hh442910

加入前にUSドルで買えばもっと安い(23000円でなく16000円前後?)と考えていたが、
購入前のライセンス規約に、その土地に住んでいてその土地の通貨で払うこと(とかそんなこと)が書かれていたので、おとなしく日本円で購入した。

さて、これからWHS2011を試してみようと思う。

Geek
Synologyを導入して時に部屋に放置されていたHDDを使ったら、初っ端からSMARTエラーが出ていた。

その後も部屋に散らばるHDDを探しては入れ、2.3日様子見て、探しては入れ、様子見て…
って繰り返していたが、結局全てのHDDからSMARTエラーが出た。(´・ω・`)

異常があるけど、使えなくはない、ってことでとってあったのだから当たり前か。
HDDの価格が年末から高騰していることもあり、しばらく様子見ていたが、
下がる気配がないので泣く泣く買い直すことにした。

もちろんその間、「データが飛ぶかもしれないから、力入れて設定するのもな~」と最低限しかいじってなかった。
残念だよね…。

さて、これがSMARTエラーの状況(;・∀・)
普段は無視するSMARTエラーだけどこう目立つ感じに、「異常」ってでると考えてしまうよね。
いち

交換に関しては、何も考えず、背面のネジを外してディスクを取り出す。
上から下に向かってディスク1→4なので、今回は一番下のディスクを外した。

ディスクを外してしばらくすると、Rootユーザ当てにメールが届いた(事前に設定が必要)
と、同時に、Web管理コンソールから、ディスクのステータスをみると、


さん

といった用に、上から◯番目のディスクが壊れているか、どれくらいの容量と交換したらいいか表示される。
※なんだかんだで 3/4 のディスクでSMARTエラーが出て、そのたびにキャプチャをとってたため、
 他のキャプチャと混在してしまいました。ここだけ、1番目のディスクを抜いた時のキャプチャです。

新しいディスクを装着してみる。

に

・・・・おや。初期化されていないって出るけれども、
勝手にリカバリしないの?(´・ω・`)

。。。
あ!左上の「←」などで、ストレージマネージャのトップ画面に戻ると、
通常はグレーアウトして、利用できない「管理」ボタンが実行できるようになってる(・∀・)


よし「管理」を実行!

お、なんか、修復が選べるぞ・・・。

よん

ふむふむ。ここで初期化するのか。。。

ご


完成!


ろく

やってみると、RAIDの再構成、ミラーリングはGUIがあることもあり、間違えることはないだろうしかなり簡単。
ミラーリング自体は、容量にもよるだろうけど、5-6時間ほどかかった。それより問題があったのは…。

この時、Synologyのバックアップ機能でそれまでに入れていたデータを退避させていた。
これを戻す作業に時間がかかりすぎた。
240GB程のデータを(古い)HDD(コレが原因の気がするけれども)にバックアップしていた。
ミラーリングが終わった後、これから、データを戻した。

・・・・約24時間。 1時間10GBの戻し作業となった。

(まぁ、GUIで実行してその後、放置なんだけれどもね。。。)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。