スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Books
朝井リョウのチア男子!!を読み終えた。

朝井リョウといえば、映画化もされた「桐島部活やめるってよ」が世間的には有名だそうだ。
それくらいしってる。散々テレビで宣伝してた。だからこそ買うものかと決めた。天邪鬼なのである。
そんだけ面白いのならば、いつの日にか誰かからもらうし。テレビでだって放送するだろう。テレビ見ないけど。
さてそんな作家の本をなんで読んだのかといえば、単純に人からもらったからである。
それまでには、必死こいてジャンケンで4連勝するという経緯があったりするのだが、重要なのは自分で買っていないこと。
これに尽きる。だって成功している作家って妬ましいじゃん。小説書かないけれど。

チア男子。一昔前に流行ったウォーターボーイズ的なものを想像していた。まさしくそうだった。作中にも「ウォーターボーイズってあったよね」って出てきているのだからこれはもう確信犯。強いて言うなら設定が大学生だということ。チア男子。チア。とてもいい響きなのに、男子がつくことで台無しになる。興味深い。

チア男子。ストーリーは三部構成。
・一部-仲間集め。ライバル(女子チア)の出現。
・二部-学園祭で初ライブ(ライブ?)。新たなる仲間の出現。(オカマ、アフロ、B系、ヤンキー)
・三部-様々な挫折の果て、最後の戦いへ。
おおすごい。盛り上がるポイントがこれでもかと書かれている。けなしている様に思えるかもしれないけれども、おもしろかった。
話のテンポがとてもいい。そのうえ読みやすい。チアリーディング中の描写も、よく練られている。
チアの技名とかちゃんと説明があったけれども、覚えられなかった。そんな自分でも面白いと思えた。本をちゃんと読める人やチア経験者ならもっと楽しめるんじゃないかな。ストーリー読みでごめんなさい。

あくまでも自分だけの感想なんだけれども、正直、二部まででも良かったと思う。ご都合主義で学園祭では、総合優勝しちゃいましたーみたいなオチをつけて。ページをめくるごとにリアルになっていて読んでいておもしろくなかった。ストーリーはおもしろいのだけれども、リアルな男子高校生の(大学生か)心理描写がどんどんされていった。べつにそんなものは求めていないのだ。おもしろいストーリーが読みたいのだ。ドロドロした男の心の屈折なんか求めていなかったのだ。そんなものをウォーターボーイズでやっていたらたぶん投げ出していた。
そう、ウォーターボーイズなのだ。この本を読む前にウォーターボーイズを期待していて、なにより一部があたかもそれらしく、キラキラした光輝いたストーリーだったのに、後半になるにつれてそのキラキラがなくなってきた。それがちょっとざんねんだった。

それでも総合的に言うと大変面白いストーリーだった。だからこそ本を読み終えてから、倒立を日課にするようになったのだ。まだ2日しか続いていないけれど。一日あたり30秒も持たないけれども。







Mountain
以前にも利用したロープ。

男ならロープ
のまとめ方もちょっとカッコつけたいところ。
輪っか状にまとめた方が使いやすけどね!

まずはロープを半分にします。



保管したいサイズになるまで繰り返します。






ちょうどよいサイズにまでなったら、
片側をほどきます。
ほどいた部分を巻きつけるので、
まとめたいサイズの倍位が目安。
ほどいたあとは、両端を片側によせます




巻きつけおわったら、巻きつけなかった方を軽くひきます。
巻きつけてた方の輪の一部が動くので、そこに終端を差し入れます



そのままさらに引くと、終端がほつれなくなります。
同じように、いま締めた輪以外の輪を引くと、(写真でいうピンクの)さっき引っ張てた終端側の輪が動くので、その輪のなかにいれて締めます

これで完成。
お手軽ですね。


Geek
Qi ワイヤレスチャージ Clip for GalaxyS3/S2/Note (ブラック)を購入した。

又の名を、Micro USB Charging Clip for Samsung Galaxy S3/S2/Noteを購入した。

簡単に言ってしまえば、Qi(ワイヤレス充電の国際規格)に対応した、MficroUSBの製品。




なんか英語の説明書がついてます。
まぁ、刺してくださいってことですよね。



そんなわけで、Galaxy Noteに刺してみた。




背面。
写真を取り忘れたのだけど、端末との接触部分に吸盤があって固定化する仕組みとなってます。




今まで持ってたパナソニック製のQiの充電器にのせて充電してみます。




さて、この製品、GalaxyのS3.S2.Note 向けと書いてますが、
コネクタ部分がかなり稼働するので、他の端末にも使えます。

強いていうなら、コネクタ部分(MicroUSB)の台形の形が、短い辺が画面側でないといけません。

例えば、Nexus7だと、充電部分が画面側にきてしまうので、ちょっと利用しにくい…

逆に、KindleFireなどにはしっかりつきます。






タブレット端末は2.3日使ってない日があると充電がきれたりしていることがあるので、
この非接触充電が使えるなら端末の置き場として普段おいておけばよいしので楽…かも。

iPhoneの置き場がなくなってしまうのは考えものだが(ー ー;)


Geek
VMwareView Administratorでプロビジョニングを行うときに、
DHCPを利用できない場合、一定時間後に削除される( ゚д゚ )

最初はこれがわからず、非常に困った。
どうやら、
vCenter側からのプロビジョニング終了 → VMware Viewで作成したはずの端末とアクセス出来ない
→ 作成に失敗した!? → vCenterに削除を依頼

といった内部的な動作をしている模様。

これでは静的IPを利用したい仮想デスクトップ環境、プールの構築が非常に面倒となる。
端末が増えれば増えるほど、自動化ができない。
(端末のSysprepが終わった頃を見計らって、手動で1つ1つメンテナンスモードへと指示する必要がある。)

しかたがないので、スクリプトを作成した。
※作成後、WindowsXPでは問題がなかったが、
 Windows7環境では、VBSを管理者権限で自動実行するのは、困難であったため、
 EXE形式にコンパイルした。

・IP自動振り分けスクリプト。
・ドメイン自動参加スクリプト。 の2つ。

両方合わせても良かったが、仮想端末作成直後に自動実行するように仕込んでおいた時、
端末作成後のDHCPからのIPアドレス割り当て(OSが自動で実行)の動作と、
スクリプトでのIPアドレス指定のタイミングが衝突するときがある様子。

そのため、以下のロジックとした。

1. スクリプト起動後、自分のホスト名を取得する。
  →自分のホスト名が取得できるか? (YES/NO)
   YES → (マスタのホスト名と異なるか? = Sysprepに失敗していないか) (YES/NO)
     YES → 端末内のCSVファイルに、自分のホスト名があるか? (YES/NO)
       YES → 作業用配列【】 に、 ホスト名、IPアドレス、デフォルトゲートウェイを格納。
            (Subnet,DNSは共通のため、組み込み)
           YES → IP/Subnet 設定、 デフォルトゲートウェイ設定、DNS設定
              → ドメイン参加スクリプト実行

NOのときは、エラーコードとデバッグ用のログを出力して終了とした。

続きは次回。





関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
仮想化
PowerCLI

Books
ここ最近かった漫画を列記。
坂本ですが? と、
黒執事(16)
あるみちゃんの学習帳 1
ライアー×ライアー(4)
を読んだ。

面白かった!

坂本ですが?
は、パシリの話が、読み返すたびに深くなっていく…

これは真面目にバカにしているのか、ただの真面目になのか…

雑巾とか、コロコロとか、髭剃りとか… 一見真面目にやっている…ようで、…………あれ? ひょっとして馬鹿にしてない?

と思わせてて…なんかもう!



/////////////////////////////////
黒執事は、平常運転でパーフェクト執事と悪どいショタだった。

せっかくなんだからエドガーの見せ場を作るべきだっ


あ、あったか。
地味だったから妹に比べてインパクトが薄かったから忘れてた

//////////////////////


最後は金田一蓮十郎の二本。

あるみちゃん…はヤングジャンプで連載中なこともあり、一話一話の展開が早かった。

ハレグゥとか、ニコイチとか、もっと冗長だったからなぁ…(だからこそ面白いんだけど。)

それもあって、面白かったのだけれども、期待してた程の面白さではなかったのが正直なところ。


一方、ライアーライアーは、順当に面白かった。
シリアスなギャグというか、登場人物は真面目に一生懸命に行動しているのに、
なぜかそれが面白く感じる。

そういったこの作者の話が自分にあっているのだと思う。





関連キーワード(ユーザータグ):
漫画

Books
アルプスを越えろ! 激走100マイルを読み終えた。

体をたぎらせたい!と書店をうろついていた時に(←不審者)
見つけた一冊。

てっきり、サクリファイス、とか、エデン、みたいにトレイルランをめぐるが小説かと思ったら、
トレイルランの第一人者と呼ばれる、鏑木さんの体験談だった。

内容は大きく3つ。

まずタイトルにもなっている、世界最高のトレイルラン、
ツールドモンブランについての話。
ウルトラマラソンといわれる大会は、モンブランの周囲100マイル、大小10近くの山々を文字通り丸一日かけて走り抜ける過酷な競技。
幾度となく挑戦し、三位という快挙を達成した鏑木さんの体験談。

そして安定した群馬県庁勤の職を捨て、
プロとして、日本でマイナー(どころか、競技者がいない)トレイルランの世界に飛び込むまでの葛藤。

最後に、そして世界で通じる、誇れる大会を日本で開く!
ツールドフジを立ち上げるまで、そして第二回むけて…

この、ツールドフジ、なんと今月末に開かれるとか。
全長160kmにもなるトレイルラン…
トレイルランはしたことないけれども、来年(はむりか)、再来年を目安に挑戦してみようかなぁ。。。

なにより、鏑木さんのトレイルランにかける熱意が伝わってくる一冊。
トレイルランってどんな競技だろう?面白いのかな?
と思っている人は是非。

トレイルランへの興味がより一層増すこと間違いなし!(≧∇≦)




Books
エデンを読み終えた。


以前に読んだ、サクリファイスの後日談。

これ、Kindleでも取り扱っているし、まだ読んでいないなら読むべきだと思う。一冊。
ものすごく、たぎる。
たぎりまくる。そしてたぎる。

たぎる以外にも、小説として普通に面白い。
サスペンスか、ミステリーかといわれると、ミステリーの区分にはいると思うけれども、
僕としては、「たぎる」というジャンルを作ってそこに入れたいくらいの一冊。

たぎる度合いでいうならば

サクリファイス > エデン

でも、物語としてどちらがおもしろいか、
展開としてはどちらがいいか、と聞かれると

サクリファイス < エデン

本の表紙をみて分かる様に、主人公の仕事はプロのロードレーサ(自転車)選手。
紳士のスポーツといわれるこの競技では、バレーでいうリベロのように、野球でいう送りバントのように、チームのために尽くす「アシスト」という役割がある。

チームのエースを勝たせるために。
チーム全体の勝利のために。
ただひたすらアシストをする。
そんな主人公の小説。
決して雄弁ではないけれど、
全体的に主人公の目線で書かれているので心の動きがわかりやすく、
読後感が非常に良く、
そしてたぎる。

このエデンでは、主人公が(前作の影響もあって)余計にチームのために、
自分がなすべきこと、チームのために尽くすことをだしてしまっている気がした。

もちろん、それが心地よいし、また味わい深いものになっているのけれども、
前作ででてきた、負の面からふつふつと湧かせる「たぎり」がなくなってしまった。

代わりに今作では、正の面からでる「たぎり」がある。

と思っていたら、さらに後日談もあるらしい。
こっちも、Kindleで取り扱っているみたいだし、どうしようかなぁ。買っちゃおうかなぁ。でも、文庫になったら、Kindle版も安くなるかなぁ。



Books
少し前のことになるけど、悲痛伝を読み終えた。

前作の悲鳴伝からの関連は、あるといえばあるし、ないといえば、ない。
話の設定については、この作品から読んでも十分に楽しめる。
ただし、今作では物語の謎が全く持ってわからないので、
ストーリーだけを楽しむ一冊、と割り切らないと楽しめないかも。

ーーーーーー
物語の主人公は、超能力者で、コードネームは『醜悪』。
ところがどっこい、今回の話ではその超能力はほぼ無意味(´・ω・`)

四国(四国地域の全住人)が消息を絶ったため、主人公が調査を行くことに。

そこでであったのが魔法少女。
そう、四国は魔法使いが跋扈する地域だったのだ!

ーーーーーーー
………相変わらず、ただテンポ良く登場人物が死んで行きます。
であった魔法少女がかたっぱしから死んで行きます。

魔法少女の使い方が粗い(笑
なわけで、ちっとも話の謎が解明されない。

前後巻だか、上下巻だかわからないけれども、
今作だけでは完結しなかったことが残念だった(´・ω・`)


前作は、1冊で話が終わるのでまだ万人向けだったけれども、
今作はちょっと難しいかも。
西尾維新がすきで、戯言シリーズが好きなら気にいる一冊だと思います。



物欲
上巻 をまだ開封していないのに(笑)下巻が発送されてしまった. orz

おかしいな。ずっと上巻は机の上においてあったのに。
毎日毎日、「見ないとなー」と思っていたのに。(´;ω;`)ブワッ

まぁ、大晦日の放送をみてはいるんだけれどもね。

さすがに、エヴァとまどまぎが発送されるまでには見ておきたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。