Books

BookLiveのキャンペーン、SGS48を利用して「僕らはみんな河合荘」を読んだ。僕が夢見ながら実現できなかった下宿生活がそこにはあった。まぶしい・・・。
っポイ。マイガール。さくら荘のペットな彼女。そのあたりが好きならきっとはまる。

さて、今回、「解錠師」を読み終えた。ある人に「人生でベスト1な本だ」とまで言わしめた小説。ちなみに彼は3冊しか本を読んだことがないので、どんなにつまらなくても銅メダル。他の本の一つが「氷の闇を超えて」。同じ作者。出来レースか。期待度は低かった。
原題は「The Lock Artist」。なぜ副題にしなかった。期待度が下がる。あなたの心をアンロック!違うか。

冒頭。刑務所。ファンタジー要素や心理トリックがあるわけではないようだ。主人公は服役中。しかもしゃべれない。これから最後まで刑務所から過去の独白を行うようだ。つまり結末は逮捕・投獄・そして冒頭へ。古典的だが、描写次第で化ける話になりかねない。しゃべれない理由もここで語られるのだろう。始まる2つの本編。章単位で進む2つの時間軸。少年から解錠師として育っていく時間軸。間に挟まれる最後の大仕事の時間軸。過去の最初の時点で「しゃべれない」状態の主人公。張られる伏線。


解錠師として育つ時間軸。スクールカーストの最底辺状態でもある少年時代の話はそれだけで1つの話として成り立つくらいに劇的だ。美談、とはいえないヒューマンドラマ。しゃべれない代わりに持っていた1つのスキル。解錠に出会わなかったら素敵な人生を送れたに違いない。そんな人生が狂ってしまった一つの事故。「シックス・センス」でマルコム先生に出会えなかったコールがそこにいた。


ネット上の話をまとめると、翻訳者は主人公を嵐の二宮君のイメージで翻訳していたらしい。二宮君。永遠の17歳。確かに主人公を二宮君にイメージしなおして読むと、「なるほど」とうなずけるところがある。とはいえ、アメリカが舞台。嵐ファンには申し訳ないが、二宮君でのイメージができない。「A.I.」「シックス・センス」オッサンになってしまったオスメント君をイメージしながら読んだ方がすっきりした。コール少年によるヒューマンドラマ。大変面白い。最後の大仕事の話?スパイス的な要素だったね。






Books

「氷の闇を越えて」を読み終えた。

スティーブ・ハミルトンの作品。別作品の『解錠師』が非常に面白いと薦められているので、その前に他の作品(デビュー作)を読んでおこうと思った次第。
典型的なハードボイルド作品と、サイコサスペンスがうまい具合に混ざったような作品。
ハードボイルドな主人公の心理描写も丁寧に書かれていて重厚な話。
典型的な探偵小説が好きならきっと楽しめると思う。

それにしてもなぜ海外のハードボイルド小説は映画的というか、それまでの8割程を台無しにする話が多いのだろう。
日本の推理小説は、(全てではないが)話の最初のほうで犯人視点の描写から、犯人を推理するものの、作家の見事な誘導によって犯人を錯覚させ、最後の種明かしで読者を驚かせる。
海外のハードボイルド作品は、8割ほどの話を、全てひっくり返すような展開にして読者を驚かせる。
そのような気がしてならない。

物欲
004-04.jpg



Minorが断線してしまったので、色々とマイク付きイヤホンを試してきた。新宿ヨドバシで。

ヘッドホンやイヤホンを購入するときには、新宿ヨドバシのオーディオコーナーか、ダイナミックオーディオ5555のどちらかには行くようにしている。新宿ヨドバシは少々騒がしくても、会社帰りやちょっとした空き時間に寄れるので非常に楽。
ダイナミックオーディオさんは(自分の家からは)少々遠いいのだけれども、静かで種類が豊富。新宿ヨドバシなどではガラスケースに展示されているような高級ヘッドホンのたぐいも視聴できる。

閑話休題。
新宿ヨドバシで視聴したのは以下の3つ。
オーディオテクニカのATH-CKX9。価格は9000円台。典型的な耳栓型インナーイヤー。低音にも高温にもほどよい音の伸びしろで、正直な所価格と音質のバランスは一番良いと感じた。型番に何もついていないモデルは普通のイヤホンで、末尾に i がつくモデルがマイク付きであるということ。最近発売されたATH-CHX7 も試してみたけれども、たった数千円での音質の差がありすぎる。CHX7を購入するくらいなら、少し背伸びしてCHX9を購入したい所。
最後まで購入を迷ったが、どうしてもイヤホンジャックの弱さが気になった。

SonyのXBA-H3うん。とてもいいのだけれども、どうしても高い。高すぎる。XBA-H1も試してみたけれども、先に高い方を試してみてはだけだね。MDR1のヘッドホンも試したけれども、若干低音域が弱い気がした。
自分はXperiaを使っていないのでわからないけれども、Xperiaを使っているとリモコンの操作方法を自分なりのカスタムをできるといった、また違った楽しみ方がある・・・?見たい。

というわけで最終的に落ち着いたのは、BoseのSports Headphones。
これまでBoseのWave,Wireless speaker,QC3,QC2,QC15と使ってきたものの、(あれ、なんかBose持ちすぎ?)
長年Boseを使い続けていた理由としては、アフターケアが良い所。
今回のマーシャルのように、イヤホンやヘッドホンは1年の保証期間が切れると修理してくれないことがあったり、
例えば、足に引っ掛けて線を(物理的に)切ってしまった場合も、修理してくれたりする。
難点はやっぱりちょっとお高いところ。とはいえ、オーディオテクニカと比べると作りもしっかりしているし、
スポーツ対応をうたっているからには、しっかりしているはずだ。きっと。

あと、年明けまでキャンペーンやってるよ!





物欲
003-03.jpg


アンプメーカのマーシャルが作成している、耳に入れるタイプのヘッドホン、「Minor」が断線してしまった。

どういう断線の仕方かわからないが、中音域の音が聞こえない。低音と高音ははっきり出るのに、中音域が全く聞こえない。これはこれで( ・∀・)イイ!!。

だが残念なことに、iPhoneでの通話に支障をきたすので、このままにはしておけない。
購入元のヨドバシカメラを通じて修理を依頼したのだが・・・。
販売後1年以内は『新品交換』だけれども、
販売後1年以上立ってしまった場合は、『修理・保証対象外』・・・。

う〜ん。新しくイヤホンを買うしか無いのかなぁ(´Д⊂グスン・・・。

物欲
005-05.jpg



Nike FuelBand SEを購入した。

SoftbankがSMAPのCMで宣伝していたブレスレット型の活動量計FitbitのNike版。
西欧、欧米ではもう1年以上前から売られていて、今回2世代目となり、日本でも発売した。

ネットで見る限り、初代モデルの連携はBluetooth接続。
SEについても同じく、Bluetoothでの接続ができる。
どういう仕組なのかはわからな無いが、Bluetoothの電源をONにしているだけでは、Fuelbandとは接続せず、
iPhoneの専用アプリを起動していないと、FuelbandのBluetoothの電源が入らないようだ。
(iPhoneやPCからBluetoothデバイスを検索しても見つからない。)

さて、このFuelband、数値の目安は、Nikeが独自に作成した FUELという単位。
Fuelbandを身につけて出歩くと、徐々にその値が溜まっていく。
目安として4,000がスポーツマン、といえる値。身につけて1日目。あっけなく、目標値に達成。
なんだよ余裕なんじゃないか。そう思っていた時期がありました。

2週間ほどつけてみるとよく分かる。4,000という値は、普通に暮らしているだけでは若干足りない。
一日の過ごし方によるのかもしれないけれども、自分の生活リズムに加えて1日に2~3km程走るか歩くかをしないと達成できない。中々計算されたものである。たまたまかもしれないが。

これをきっかけにもう少し体を絞れれば良いのだが。いつの間にか目標を達成できないことを日常にしてしまわないように注意したい。

2013-12-01 18