Geek

これまで家で利用していたバッファローのWZR-HP-G300NHの調子が悪くなってきたので最近の無線機、規格について調べてみた。
で、色々と調べた結果、調子が悪くなったのでも、故障しているのでもなく、無線規格の仕様ということが分かったので、
本格的に買い替えを検討し、同じくバッファローのWHR-1166DHPを購入した。

これまで利用していたWZR-HP-G300NHの発売日(公式マニュアルのリリース日)が2009年初頭であるので、
少なくとも5年近く利用していたことになる。

で、ここ最近何が不便であったかというと、
各端末では無線の感度が良い(接続されている)にもかかわらず、
インターネット利用や、NASへの接続が遅すぎるということ。
かといって、WiMAX(数年前から自宅はWiMAX)が遅いのかといえば、そんなことはない。
WiMAXに有線で接続している端末からは遅延が感じられない。

イメージはこんな感じ。
Blank.png


当初は、隣接した他の家庭の無線や、電子レンジなどの電波干渉かと思っていたが、調べていたら、そうではない可能性が浮上。
それが、

無線規格 11nの同時通信数は1台である


無線機(AP:アクセスポイント)のアンテナ1つについて、同時通信は1台。
IEEE802.11a/g/nの従来規格では、無線LANデバイスとアクセスポイントが通信するその瞬間(まさに一瞬)は、
無線LANクライアントとAPは1台ずつしか通信しかできません

 (http://www.infraexpert.com/study/wireless49.html より)




ということ。目から鱗である。

さて、改めて家庭内の環境を確認してみると、ざっと思い浮かぶだけで上記のイメージ図。
・・・一体何台無線機を持っているんだよ。と。
しかも最近ではiMacやiPhoneはTimeMachine(バックアップ)や、
ストリーミング、100MB程度のファイルのダウンロードなどなど、
おそらく1台の端末が必要とする通信も多くなっている(だろう)ということで十中八九、
11nの限界が問題だろうと当たりをつけ、ヨドバシに買いに行った。

これまでの機能と価格面からメーカはNEC,バッファロー,IO-DATAにまで絞ったが最後の決め手は
これまで自分が利用していて安定していると思った実績からバッファロー。
ただ、注意なのが、バッファローでは11acに「ビームフォーミング」と「ビームフォーミングEX」という規格があること。

ざっくり言うと、
「ビームフォーミング」 --- Appleなどが採用している共通規格. 11ac利用
「ビームフォーミングEX」 --- バッファローの独自規格. 11n を利用

となる。
なんとなくEXの方が上位機能のような気がするけれども、全く別の独自規格なので、注意が必要。
この機能を付けるよりは、機能がなくて安いものを選ぶのが良いと思う。

そんなわけで、WHR-1166DHPに落ち着いたのです。

Geek

Proxy設定下でgitだのHomebrewだのを利用しようとしていたところ、403エラーが返っていた。
特にセキュリティ的な面でProxyサーバがHTTP,HTTPS以外を制御している環境下では、それぞれのプロトコルがそのProxyサーバを通る設定にしなきゃならない。

当初は、Macでいうなら「System Preference」>「Advanced」>「Proxies」からHTTP,HTTPSの設定を、
Windowsならインターネットエクスプローラーの「設定」>「接続」 からプロキシサーバーとポートを指定することで通ると思っていたがどうにもならない。

外部とやりとりするためには、30分ほどかかったので備忘録。

結論から言うと、Gemコマンドというか、Ruby環境でProxy設定をしていなかったことにある。
せっかくなので各々の環境での設定をざっと書く。

ちなみに、

Rubyの環境下でGemコマンドが通らなかったときは以下のようなエラーがでていた
ERROR: Could not find a valid gem 'モジュール名' (>= 0), here is why:
Unable to download data from https://rubygems.org/ - Errno::ETIMEDOUT:
A connection attempt failed because the connected party did not properly respon
d after a period of time, or established connection failed because connected hos
t has failed to respond. - connect(2) for "api.rubygems.org" port 443 (https://a
pi.rubygems.org/latest_specs.4.8.gz)


プロキシ環境下でシェル(Homebrew),Rubyを利用する場合


$ export http_proxy=http://<プロキシサーバ>:<ポート名>/
$ export https_proxy=$http_proxy
$ export all_proxy=$http_proxy

※ダブルクウォーテーションは利用しない。

http://<プロキシサーバ>:<ポート名>/
の例としては
<プロキシサーバ> → proxy.com
<ポート名> → 8080 など、各自の環境似合わせて設定。
Windows環境下ででは、 SET HTTP_PROXY=プロキシサーバアドレス と、SETコマンドを利用する。

これはあくまでも一度の設定となるので、毎回呼び出したいときは、

$ export http_proxy=http://<プロキシサーバ>:<ポート名>/ >> /etc/profiled.d/
$ export https_proxy=$http_proxy >> /etc/profiled.d/
$ export all_proxy=$http_proxy >> /etc/profiled.d/


といった具合で(やや乱暴だけれども、) /etc/profiled.d/ などに書き込んでおくことで、
bash起動時の環境変数に書いてしまうことが望ましい。
他ユーザが利用する可能性があるサーバであれば
  /etc/profiled.d/ よりも、~/.bash_profile のユーザ環境変数とした方が良いかもしれない。

Windows環境で恒久的に入れるのであれば、「システム環境変数」にHTTP_PROXYという値を作成して、新規にコマンドプロンプトを立ち上げれば反映される。



プロキシ環境下でGitを利用する場合


$ git config --global http.proxy http://<プロキシサーバ>:<ポート名>
$ git config --global https.proxy http://<プロキシサーバ>:<ポート名>
$git config --global url."https://".insteadOf git://


といった具合で幸せになれる。


物欲
長谷園のいぶしぎん ミニを購入した。

週刊アスキーの「カオスだもんね」の特集の中で触れられていたことがきっかけでいいなー。と思って衝動買いした。

購入したのは「いぶしぎん ミニ」最初から大きいものを購入しても使い勝手がわからないので、ミニにしたのだが、
これはこれでかなり使い勝手が良かったので十分満足である。

1012.png

1010.png

チップはこの程度。ドーナツ状に広げて、その上に傘代わりのアルミホイルを置いておくと、燻製時に生じる水が落ちてもチップを消してしまうことはないので何をやるときも被せておくと良い気がする。

0950.png


0975.png

1013.png

色々と利用してみた結果、野菜の類は説明書通りの時間で大丈夫だけれども、
肉厚のものであれば20−30分程度の時間をかけて弱火でじっくりとこなすことが良い。
また、肉類は思っている以上に水気がでるので、チップの上に置く傘もしっかりと作成しておくこと。
肉の量によっては底に1cm強の汁が溜まることもあり得るので注意しよう。





Geek
先日、仕事で使うノウハウの整理〜よく利用するプログラムとか、サーバURLとか、直リンクとか、イントラに記載するほど共有事項ではなく、でも必要なもの〜をまとめるために、簡単なHTMLを作成した。

ノリでBootstrapを使ってみた。
すごかった。簡単に、デザインの良いhtmlがすぐにかけた。

このblogもbootstrapでかけるかと思い立ってやり始めた。
難しかった。FC2独自変数との組み合わせがなかなかうまくいかない。
それでもなんとか見れなくもない(気がする)デザインになったので、PC版のHTMLを書き換えてみました。
多分暇なときにちょこちょこ手が入ると思います。


アメリカ横断
2月27日 連泊二日目 アトランタ。

IMG_2737.png


ニューオリンズからアトランタと移動時間が珍しく少ない1日。(といっても6時間越えだけれども)

アトランタの有名といえば、CNN。
ちなみにこの日も荷物を背負って移動するはめに。
この頃からロッカーを探すという行為をあきらめ(結構壊されている)
背負って移動することなってきた。

IMG_2700.png



CNN本社は突き抜けるほどに高い吹き抜けの作り。こんなところで働いてみたいものです。
1階は観光客相手の作りで、CNNが保有する戦場取材車が飾ってあったり、
筒状の液晶ディスプレイを埋め込んだ電光掲示板に、現在放送中のCNNが流れていたり、
また、CNN本社ビルツアーがくまれていたりと至れり尽くせりだった。
ツアーでは、CNNの本社に入れるが、ツアー客と本社の人間はガラス壁1枚で隔てられており、その分、報道のフロアをリアルにみることができて、
「ああ、こういったサービス精神旺盛な所がアメリカ的だな」と思わされた。

本社ビルを後にして、図書館に移動。
明日、そして明後日以降の宿の予約とメールの確認。
そして今後のバスの運行状況を確認する。

IMG_2710.png


4時間程時間が空いたので、コカコーラ記念館に。古今東西のコーラの歴史や、
各国のコカコーラの展開内容、さらには、
コカコーラ社の製品が無料で飲めるなど、貧乏学生にはありがたい施設。

コーラ記念館を出てからは、タクシーを捉まえてキング牧師の墓に。
教会に隣接した公園の中央に位置するプールのさらに中央に安置されていた。

IMG_2728.png



地図上でみるとそれなりの距離であったが、1本道であったので、帰りは歩いて帰ることに。
あれ、そういえばタクシーの運転手は、「ここら辺は治安がよくないから帰りも絶対に(タクシーに)乗れよ!」といっていたような。。。




物欲
MacbookAir(Late2010)の調子が悪い。
どれくらい悪いかというと、スリープができない。
スリープした状態で置いておくと、どんどん熱くなり(CPUが暴走?)、FANが暴走し、
スリープから元に戻せない(OSハング?)

そのため、MacbookAirを利用する場合は毎回電源をOFFしないといけない。
これだけならまだましだった。

最近は、起動すると3回に2回は起動しない(起動ディスクが見つからない)
という状態になっている。

さすがに限界を感じているので新しい端末が欲しい所。

新しい端末を購入するにあたってのポイントは2点
・Windowsを利用することもあり得るのでWindowsOSが利用できること。
・軽量であること。
・MSOffice(マクロ利用・編集するのでLibreOffice,Pages不可)
・サイズは11~13インチ

できれば欲しい機能
・タッチパネル

Windowsが欲しい理由としては母艦がiMacである一方、仕事上Office(のマクロ)を利用する事が多々あり、
微妙にMacだけでは痒い事から。
あと単純にWindows8.1を使ってみたい(笑

、とここまで書いていて自宅に放置されている自作PCがまさにこの機能すべてある事に気がついた。
最近利用していない理由は、場所をとる、から。
PCケースを入れ替えれば多少コンパクトになるはずなのだが・・・。
iMacからリモートデスクトップで利用するかなぁ・・・。