Geek
Ansibleのようなインフラ環境の自動構築技術に非常に興味をそそられたので
まずは手元の環境でVagrant環境を構築してみることにした。

標準でVirtual Boxに対応しているとのことだが、せっかく持っているライセンスがあるので、
Parallelsで利用してみるとする。

ちなみに、公式ページにあるように、
11では、通常版ではなく、Business以上のバージョンでないと利用できなくなっているので注意。

Geek
以前の記事の続き。
黒縁メガネさんの記事を参考に仮想マシンを一括で、(LinuxもWindowsも)作成するためのスクリプトを作成したので、備忘録を兼ねて記載。

・複数vCenter対応
・複数Template対応
・CPU,メモリ,ディスクサイズ変更
・(スクリプトを作成すれば)WindowsOSで仮想マシン作成後に、初回起動時にスクリプトを実行することも可能。


キーワード:deploy powercli linux windows automation scripting

Geek
備忘録。

Twitterの形態素解析などをしていて短縮URLだけを削除する。
もともと取得しなければ良いのだけれども後々必要になるかもしれないしで、取得していたが、
その一方で、形態素解析時に非常に扱い難い。
特に、かならずあるわけではなく、140文字の中のどこに出現するかわからない。ので、


sed -e "s/http....[0-9a-zA-Z\.\/]*//g"


という形で削除してみることにする。

http も https も削除可能。Twitterアプリなんかでは冒頭が消されていることが多いが、生データにはhttpが入っている・・・はず。

Geek
追記:2015/09/15 ここから-----
肝心のことを忘れていた。複数のvcenterに同時接続するには、
まず、以下のコマンドレットで、複数接続を許可にしておく。
#複数vCenterサーバへの接続許可設定(本セッションのみ)
Set-PowerCLIConfiguration -DefaultVIServerMode Multiple -Scope Session -Confirm:$false

-------追記ここまで

PowerCLIはまず Connect-VIServer コマンドレットにて、vCenterサーバに接続する。
そのコマンドは

Connect-VIServer -Server -User -Password

となる。
ちなみに、ドメイン配下のユーザを利用する場合は、@よりも、¥を利用した方が良い。
つまり、 DomainName¥UserName だ。

では、複数のvCenterにて、一括で操作をしたい場合はどうすればよいのか、というと単純に、
Connect-VIServer -Server <1st Server IP> -User -Password
Connect-VIServer -Server <2nd Server IP> -User -Password
...

としていけばいい。

Geek
ソフトバンクショップへのご来店でIngress MODカードをプレゼントキャンペーンがやっているということだったので、
ソフバンショップの近くまで行っては、人が多くて断念、ということを繰り返していたが、
昨日たまたま通りがかった時には店内には客がおらず、店員さんも暇そうだったので、貰ってきた。

結構恥ずかしかった

2015年09月06日15時41分00秒_pdf__page_2_of_2_

アメリカ横断
2007年3月6日 NYC 6時


ボストン。のはずが朝6時(NYC時間)に最終目的地NYCのバスディーポ着。
ここまで送ってくれたバスは今まで乗ったバスとは異なり異常に寒く、心地悪かった。どうやらグレイハウンドのバスではなく契約会社のバスであったらしい。(おりてロゴをみて初めて気がついた)

どれくらい寒いのか、とわれると、
バッファローを出るときに(現地23時頃)にもちこんだ、
レモネードのペットボトルの中身がシャーベットになっているくらい。
朝一からのシャーベットおいしゅうございました。

物欲
先日、ふと立ち寄ったプラモ屋で「1/35 タチコマプラモデル」を見つけた。

プラモデルなんて、1/144のガンダムがほとんどで、はるか昔にMGのガンダムMK-Ⅱ(ティターンズ仕様)を作っただけだったが、タチコマを愛でたかったので購入。組み立てた。

一応、接着剤の類は必要ない、とのことだったが、せめてスプレーで色塗りくらいしてあげればよかったなぁと今更ながらに後悔。

R0012805.png
作成中。細かなパーツがあって1日少しづつしか進まない



Geek
CSVから事前定義している内容を読み込んでPowerCLIで仮想マシンを大量に作成するスクリプトを作成した。
スクリプト自体はまた今度、体裁を整えて載せるとして、その前に詰まった所第一弾。

PowerCLIから新規仮想マシンを作成するためのコマンドレット、
New-VM のオプション OSCustomizationSpec を利用する際には、32bitモードで稼動させる必要があるよ。というもの。

リファレンンスにもThis works only in 32-bit mode.と記載されているので、
普通にスクリプティングしていれば、多分すぐに気がつくのだろうけれども、
try-catch-final区で囲っていたことと、
参考にしていた黒縁メガネさんのページではそんな記載がなかったのでまるっきり油断していた。


かき氷
銀座まで出る機会があったので、虎屋のかき氷を食べてきた。

虎屋といえば特に羊羹を思い浮かべる人が多いと思う。
室町時代に京都で創業したという老舗の和菓子屋さんである虎屋は何と言っても餡子が非常になめらかで、食感が良い。
そんな虎屋が期間限定でかき氷を出しているので、これは!と思い食べてきた。

toraya.jpg

Geek
アメリカ、サンフランシスコでVMWorld2015が始まった。
もしかすると、参加することができたかもしれないが、
結局のところ行けなかったので、どうせならと、
世間で何が注目されているのかをTwitterからわかるのではないかと思いなんちゃって形態素解析をしてみた。

ぶっちゃけ初めての試みなのであんましうまく言っていないと思う。




関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
仮想化
PowerCLI