Geek

Android Nugar(7.0)や、Marshmallow(6.x)をNexus 5x に焼くといったことをここ最近行っている。
ちょっと検証や、一部のゲームなどが動作しない場合に、やっぱり昔のAndroidに戻したい、ということがあるので、
最新版に行ったり、昔のに戻したり、ということをしている。

が、どうにも flash-all.bat が動作しない。
※端末自体を初期化するので、ゲームのデータなどは適宜バックアップを取得しておくこと。

Nexus 端末のOSを任意のバージョンに戻す方法


大きく分けて問題となるポイントは以下の2つ

  • adbへのPATHが通っていない
  • 最後のSystemイメージが解凍できない


前者の場合、Windowsのシステム環境にパスを通すか、
adbコマンドがある所でコマンドプロンプトを実行すれば良い。




関連キーワード(ユーザータグ):
Nexus
google
android

Geek

現在、家庭用NASは SynologyのDiskStation DS411Jを利用している。

RAID構成はSynologyハイブリッドRAIDを利用している。RAID5よりも、無駄な領域を作成しないというRAIDで、現在は3TB,2TB,2TB,500GBのディスク4構成で、1本のディスクがエラーになっても、データの信頼性を保つ状態だ。(これを冗長構成という)

RAID5なら、最小の500GBがボトルネックとなり、4本のディスクの多くを利用できないことになってしまう。

たとえば、RAID5で現状の構成とした時、データストアとしては1.5TB。

未使用領域は5.5TBとなってしまう。(500GB程は、RAIDで利用する領域)

ところが、SynologyのハイブリッドRAIDなら、現状4.5TBのデータストアとして認識されている。

(とはいえ、Synologyの公式RAID計算機では、まだ1TBの無駄領域があるのだが…)

NASを購入したのが2012年3月ごろなので、現在は4年半利用していることになる。

4年半の利用中、最小の500GBのディスク以外はいずれの交換しているが、ほぼ無停止で4年半つかっていると、そろそろ電源回りにがたがきていないか怖かったり、度重なるOSのアップデートにより、性能の限界を感じてきている。


というわけで、今回は2016年版家庭用NASを考えてみる。以下、ほぼ妄想。


関連キーワード(ユーザータグ):
サーバ
NAS
Synology
QNAP
SSD

Geek

ライフハックメモ。

Excelで(本来の用途ではないが)手順書などを作成することはたまにあると思う。

罫線を利用して、表を作成するとか、単なるマス目として利用する、とか独自の使い方もあるかもしれない。

簡単なドキュメントなら、Word形式よりも、簡単に作成できる、かもしれない。


そのようなときに、画像を挿入することはないだろうか。

Excelで画像を挿入する際、ドラッグ&ドロップでは画像が挿入されないし、

「挿入」>「図」を選択すると、Excel上の画像のサイズが本来の画像サイズに応じて挿入されるため、

毎回毎回画像の縮小などを行うことが非常にめんどくさい。

そんなライフハック。