Geek

昨年末に作成した自宅仮想サーバのESXi 6.0 を 6.0 Update 2 にアップデートしたので覚書。
Update 2 にした理由は、

  • 1年ほど安定稼働を確認したのでパッチを当てておきたい
  • Host Client正式組み込み


の2つ。


特に後者が重要で、(使うのは自己責任だよ)というスタンスの、これまで VMWare Flings Labo というβ版を入れていた。
しかし、ほとんど利用できる機能がなかったのである。
今回、正式版ということで大きな改善があった(というか普通に動くようになった)と聞いたためである。
これまでのβ版はコンソール接続が可能な程度であり、
UI上、仮想マシンのパワーオン、パワーオフ、編集ができるようにはなっていたが、
実際は設定が反映されない、空振りをする、というホットモックに近いものだった。

自宅の母艦はMacのため、仮想マシンの強制再起動や停止などには、SSH による ESXi へのログイン → ESXi コマンド もしくは Windows 端末での VMWare Client の利用が必要だった。

VMWare Clientは使い慣れているので良いのだが、自宅の Windows は Vaio で、高解像度、タブレット設計のため、VMWare Client の表示が崩れる。
そのため快適に利用できるとは、言い難かった。

ちなみに、 Web版の Vmware Host Client は http:///ui にてログインできる。

以下、作業手順。
今回は、ESXi に SSH でログインして、コマンド実行した。

関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
仮想化
サーバ