スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

その他
         スキーをしてきた。

今年約10年ぶりに板を替えたので、かなりわくわくしていった。
今までの板は、大体身長+10cmの本当に板、といった感じの物。
多少カービングが出初めであった頃なので、若干中心部に向かって細くなっているタイプだった。

いま手元に無いけれども確かHEADの物を使っていた。

んで、今の板。
カービングっていう曲がる為の板。
曲がり易い板で、今までのが足をずらして曲がる、
体重、重心を片方にのせて曲がるという物であったのに対して、
今のものは両足に体重をかけて足を流れに任すとか、任さないとか。 (ミッキー談。

・・・湿った雪質のおかげで流れに足を任すが捉えずらかったが。

それよりも初滑り時のインパクトは曲がろうと感じた時には曲がっていた、という事。
一番最初なので足を踏み切ろうと考えた時には曲がっていた。
これ以上に適正な言葉が思いつかない。

乾いた雪質の方で試した時は、確かに滑らす程度でよい。
感覚としてはサーフィンをしているみたい。
それが多少勾配がついて、雪が重くなってくると足腰に余分な力が入るのか中々両足に体重をかけられない。
まぁ、むかしからカーブの時は片足上げて曲がる様に、だの教育されていたしなぁ。

あと、よく考えたらワックス塗るの忘れていた(笑
朝やるつもりだったけれど朝は朝でやる事色々あったんだもんなー。

まぁ次回の目標はカービングをマスターするという事で。
スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/10-2df240ef

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。