Geek
         Adobeのセールがやってるね。

SynologyDiskStation DS411Jを購入した。
というかポチった。

ここ数週間で立て続けにHDDが逝ったり、SMARTエラーが出たりと挙動があやしすぎる上、
それらのデータの冗長性を取っていないこともあり、不安を感じたため、NASの購入を検討した。

もともと、数年前に、PlanexのNASキットをAmazonで購入したことがあるのだが、
あまりにも五月蝿い上に、1日に1回HDDの認識を誤り、データを初期化、
RAID再構築を勝手にするなんとも素敵な製品であったこともあり、
NASベアボーンに対しての信頼性はないに等しかった。


Planex、PCI製品は二度と購入しない。 ( - _ - メ ;)

※余談だが、

・サポートセンターに足掛け3日電話したがつながらない
・メールの問い合わせも来なかった

ことをAmazonに伝えると、(同じようなクレームが多かったからか)すんなりと返品に応じてくれた。

NASを何にしようかと考えていた矢先ではあるが、
年末年始に、AsciiがNAS特集をしていたことや、
仕事先でBuffaloのLinkStation(正確にはこれの一世代前だが)を触っていたことや、
年始に新しくQNAPのNASを導入したこともあり、
「最近のNASはそれほどうるさくないし、信頼性があるんだな。。。」
と思わされていた。



前提として、
・3.5インチ、4ベイでホットスワップが可能なこと。
・可能な限りGUI制御できること
・利用者がそこそこいること
・値段
・静音性


といった点で、
・Buffalo製品は、WebからのGUI制御がイマイチ。
・Lacie,QNAP製品は高すぎる。
・NETGEART製品は利用者の情報が殆ど無い。。。


どこかにいいNASはないかなー。と、先のAsciiの特集をちら見している間に、Synologyという選択が浮かんだ。

たった一人だが、利用者もいた

Webからの製品管理用GUIのデモ(admin / synology ) も使い勝手がよさそうだ

購入しようと決意した。
Amazonは一括しかできないので、一週間ばかり躊躇したが、結局ポチった。

(それにしてもHTML5ってすごいね!)

以下、開梱の様子。

・いつもどおりのAmazon様
 お急ぎ便で当日到着。
Amazon

・本体の箱
箱

・箱の上をあけたところ
あけたとこ

・これでもかってくらいの梱包。
 どこの配達でもあんしんできるんじゃないかな。
厳重

・本体。
おみえ


ひとまず開けるところはここまで。
思ったよりもコンパクトだった。


詳しい設定などはまた今度。




スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/113-773ed414

コメントの投稿

非公開コメント