スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Geek
         年末年始にAmazonのKindle Paperwhiteを購入した。

無論(?)、以前の記事で発売日にAmazonのKindle Fire HD を購入したことを報告しているのだけれども(笑)
この時は、Paper Whiteを購入する気は全くと言ってなかった。

購入するきっかけとなったのは、幾つかあるのだけれども、

1. Kindle Fire HD はAndroidタブレットであって電子書籍端末ではない。

2. 購入したらすぐ端末で見れることが思った以上に使いやすい。

3. 7980円という価格。そして当日配達が可能であった。
 (端末をカスタムできるということで、
  楽天のKOBOの方が面白そうであるけれども、勝手に送ってくることと(笑)、
  いざとなれば、Sofmapなり、ヤフオクなりで投げ売りされているのでは?と思って見送り)

4. 夏頃より、BookScanを利用してかなりの本をPDF化していてそれを読む
デバイスが欲しかった

という所が主な所。

『iPad Miniは? Kindle Fire HDは?』
という心の声が聞こえた気がするが、電車の中や、夜寝る前に使っていると、
かなり目が疲れる。
それならば、電子書籍を読むためだけのデバイスであるE Ink端末、と言われているPaper Whiteはどうだろう。と考えた。
だって、安いし。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3週間ほど使ってみてのざっくりとした主なポイントは、以下の通り





1. 目が疲れない。眩しくない。



これは本当に驚いた。Kindleのページに、こういった仕組みで作られているので、
直接目に光が入らない→『眩しくないですよ−。目にやさしいですよ−。』といった解説があるけれども、
これが、本当にホント。

さすがに、真っ暗な中で使うと、多少光っているのがわかるけれども、
通勤中の電車で、窓側に立っていると、外の光で画面が見づらいことがある。
それくらいに明るくない。眩しくない。

色合いと明るさからいうと、何かしらの文庫(個人的には新潮文庫)を
室内で読んでいる時の紙の明るさが、ちょうどKidle Paper White の画面の明るさ。(明るさ設定値、中央の時)

文字もはっきりと読めるので、『何が書いてあるかわからない』といったことはない。
それどころか、漫画を読むと、雑誌で読むほうが、読み辛い。
(これは、単純に漫画雑誌が黒っぽい紙に印刷されているからだろうけれども)




2. 軽くて、小さい。(新書と文庫の中間くらい)
これは結構なポイント。初期のiPadなんかでは、重くて手がプルプルしていたけれども、
(iPad Miniといい)軽くて使い勝手の良いデバイスがここまで便利だとは。



操作も簡単で、ページ送り、ページ戻りは親指一本で事足りる。
(なぜか)Kidleで購入した本は、 半分より左側を押すと、ページ送り。 右側でページ戻し。
(なぜか)(Bookscan等で)自炊したPDFは、半分より右側を押すと、ページ送り、左側でページ戻し。

そこさえ解消出来れば、特に言うことはない。




3. 電池の持ちが良すぎる。



購入してからこの3週間。それなりに使っているのだけれども、
充電を行ったのは届いた直後(当たり前だけど)と、先週の中頃の2回のみ。
後述する、カバンのなかでの無駄な電池消費がなければ、もっと持ったんじゃないだろうか。



さて、いいところを上げた所で、不満点



1. ページ送り機能をカスタムしたい。


Kidleの本だから−、(自炊した)PDFだからー、とページ送り、戻しが異なるのは使いづらい。
これはぜひとも設定変更可能となってほしい。


2. スイッチの反応がよすぎる。



カバンの中に入れたままにしていると、たまにカバンが光っている。
『何かな−』と思っていると、Paper Whiteのスイッチが、ちょっとしたことで、押されて、
カバンの中で勝手に起動しているのである。

もちろん、しばらく触らなかったり、ロックをかけていればそのうち画面が消灯(?)するのだが、
なんとなく、気になるし、電池の持ちもよろしくない気がする。
しかたがないので、カバーを購入しようと考えることになった。


3. キーボード操作がし難い。反応が遅い。
  

キーボードの操作が、ワンテンポ遅れてくる。
一昔前の携帯デバイスは、こんなものであったかもしれないが、
ここ最近のタブレットに慣れ親しむと、イライラする。

特に、キーボードの反応が遅い=パスワードでのロック解除の操作に支障が出る。
この点は大問題である。

外に持ち出す上で、ロックはなるべくかけておきたいけれども、
ちょっとした空き時間に本を読もうと考えて起動した時に、
このパスワード入力のテンポの悪さにイライラすることもしばしば。

これはかなり(自分にとって)致命的なポイントである。

…と、いうわけで、Paper White の雑感をつらつらと書いたけれども、
・電子書籍をKindleで買う。
・(自炊した)PDFが結構ある。
・ちょっと電子書籍に興味がある

といった人にはとっては買いだと思う。
ただし、あくまでも、電子書籍を読むための端末だということに注意してほしい。

あ、あと、自分はWifiモデルを使っているけれども、不満を感じたことはないので、
どういう人が3Gモデルを利用するのかが興味がある。

3Gモデルを日々利用して、3Gでないと、『コレができない!コレが便利!』という話があれば、
ぜひ聞いてみたい所。


スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/146-3454b5fa

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。