スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

物欲
         KindleのPaperWhiteを普段使いする上で、
持ち運び時には、PaperWhiteを買って、カバーの必要性があると書いたけれども、
実際に選択しようと思うと、これだけの種類がある。
アホか。

Kindle=Amazonなだけあって、ヨドバシ・ヤマダなど電気屋の店先では、カバーを探すことはできないだろうし、
かと言って適当に買ってみて使い勝手が悪いと困る。

TwelveSouthのBookbookのKindle版はないかなー。とHPを見てみても、
『We're Mac only』と掲げているように、
Kindle用は出ていないし、出る見込みもないだろう。

それならば、似たようなものを、とAmazonで検索してみた。
それがコレ



このメーカの他の種類をみてみる限り、悪くは…ない。
ないのだけれども、
価格3980
※Kindle PaperWhiteの値段は7980円

本体の半分近い価格がするカバー。。。。。。。。( ゚д゚)ポカーン

ちなみに、調べた時点でのKindle周辺機器でもっとも人気があったのはコレ ↓




さっきのと値段同じじゃん。。。。。。。。( ゚д゚)

Bookbookみたいな、見た目が良くて、デザイン性が統一できるのであれば、
多少の金額は払いますけれど、そういった満足度がないものに対して、
本体の半額近い金額は出せません。


というわけでポイントを絞って購入を検討
ポイントは以下

1. 価格が1000−2000円程度で収まること(安価なこと)
2. 色は『赤』系統があること

1番目は、これまでの話の流れの通り、単純に、本体が安い端末に対して、
そこまでの価格を出す気にはなれないこと。

2番目は、統一性の問題。
個人的な嗜好だけれども、可能な限りものは赤系統で揃えるようにしている。
お陰で僕の家のソファーは真っ赤だ。

閑話休題

上記のポイントを満たせないのであれば、購入は見送る、
もともとカバンの中で画面が点灯している(スイッチが入ってしまう)
のと、ちょっとばかり『画面が保護出来ればいいな」という動機なので、
そこまで金をかけるきにはならない。

特に『色=赤』と決めておけば、探すことも困難で、諦められる…
とおもっていたら、Kindleストア(カバー)の詳細検索に、
「カラー」の区分があってしっかりと赤色だけを検索することができた orz

さて、最終的に候補となったのは以下のカバー。

Kindle Paperwhite Leather case





Amazonお得意の割引によって、購入時の価格は1680円。

2つの条件も両方クリアしています。

あとは届いてからどんな感じかだなー。


スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/147-237a43cd

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。