Geek
         
ロジクール


少し前になるがLogicoolのLOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WHを購入した。
発売日から1週間程度で利用しているため、(発売日は4月24日)5月の連休前後に購入したと思われる。UltraThin Keyboard Mini。超。薄い。小さい。言葉の洪水。単純にMiniキーボードでよいではないか。そうか。すでにウルトラスリム キーボードがあったのね。iPad用に。***for iPad Mini でいいじゃない。

ヒンジの部分にマグネットがついているキーボード。iPadに貼りつくキーボード。畳むとiPadがスリープになるキーボード。打鍵間もちょうど良い。キーボードが小さいのが難点。iPad Miniが小さいからだけれど。2ヶ月程使った感じとしては概ね、満足。

1 折り畳むと画面を保護してくれるので、ケース不要になる


これは便利。でも僕はBookBook for iPad miniを利用しているのね。

2 薄いだけあってケースによっては一緒にしまえる

BookBook For iPad Miniがはちきれそう。小学生の時はこんな感じの鞄を持っていたな。振り返る。薄いキーボードは折り畳んだ状態でケースの、主にチャック部分の負担をかけつつも正常に使える。このケースは革だしそのうちのびるだろう。使い始めて2ヶ月、ぱつんぱつんだったBookBookは緩く丸みを帯びた。ビール腹。

3 打鍵間とキー操作

申し分ない。iPad側の予測変換がよろしくないことを除けば、キー操作は非常に楽。
コピー。ペースト。カット。ホームボタン。ロック。音量変更。この辺りのショートカットがキーボードに用意されているのも心憎い。唯一の欠点はTabキー。Fnキーとの同時押しが必要。SafariなどでTabを利用する時に、左手小指と薬指がツイスターゲーム。痛い。画面下部にでてくる「次へ」をタッチするのは。負けた気がする。

4 キーボード本体のスリープがない

右横に充電用のMicroUSBポートがある。電源スイッチがある。電源をいれたままでもかなりの時間持つが、電源入れっぱはよろしくない。利用していない。iPadがスリープしている。そんな時には自動で電源を切る。スリープする機能が欲しい。経験上、1晩まったくキーボードを触らない、iPadを触らないでいると、Bluetoothの接続が切れる。そうなったらキーボードの電源ボタンをOFF。ON。キーボードの再起動が必要。これが痒い。


つらつらあげてきたけれども、このキーボードを購入してからの快適さは言葉にできない。キーボードを買ってからは、MacbookAirをほぼ起動していない。埃かぶってる。Airl(パソコン)でしかできないことをやるときに起動するくらい。iTunes同期とか。たかがキーボードに9000円は高いと思うかもしれない。ならば買わなくても良い。その代わり君は快適なタブレット生活がわからないのではないだろうか。







スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/175-c1113b64

コメントの投稿

非公開コメント