スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Books
         
名探偵にバラを


アニメから入りましたが、絶園のテンペストの原作者であり、スパイラル―推理の絆の原作者でもある「城平京」さんの作品。

結構古い。
そしてタイトルから分かるように、こってこてのハードボイルド推理小説。
いわゆる「見立て」殺人を扱った推理小説。

小説自体に奇抜なトリックが使われているといったことはないが、
いわゆる「ハードボイルド小説とはこうあるべき」といった王道の形となっている。

一般人よりも頭の回転が速く、周りからすると何を考えているかわからない。
そんな風に捉えられてしまう探偵ゆえの孤独。
唯一の理解者のワトソン役。
古い(笑)思考回路、でも融通の聞く刑事さん。
そして被害者のヒロイン。

列記しただけでも自分にとってみれば、王道の王道すぎるハードボイルド小説。
そこまでボリュームのある本ではないので、軽い気持ちで読んで見るのはいかがだろうか。

スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/182-4ae6b270

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。