Books
         
科学替2



諸君、私はHow to 本が好きだ。
解説が好きだ。知ったかぶりが好きだ。トリビアが好きだ。
自分で知らない知識を得るのが好きだ。知識を得てわかった気になるのが好きだ。
武道とは違う武術が好きだ。

そんなわけで厨二病全ッ開ッ(`・ω・´)ゞ で購入してきた。「武術の科学

サブタイトルの「ルールに縛られない戦闘術の秘密」ってのがもう、ヤヴァイね

西洋武術については殆ど触れられておらず、多くは武士(侍)の戦闘術の解説。
第2章、6章、7章で、一部の中国拳法やジークンドーも取り上げられているが、多くはない。
章立てを確認するとわかり安いのですけれど、
中身は、

第1章 武術とはなにか?
第2章 打撃の科学
第3章 剣術・居合の科学
第4章 武器の科学
第5章 歩法・体さばき・感覚を欺く科学
第6章 崩しの科学
第7章 気・心の科学

と非常に厨二病をくすぐられる構成。

こうなってくると気になるのが各章の中身。
ほとんどのページが「左側解説:右側イラスト」となっており、
直前まで解説されていた内容が図式解説されており、わかりやすい。
解説も、眉唾ものな解説だけではなく、ちゃんと(?)した力学的な解説となっていて面白い。
0距離から相手を吹っ飛ばすパンチ力はどうしたら発動するのか。
刀で鍔迫り合いとなった時に、テコの原理を応用してどの位置で相対すれば勝てるのか。…etc

およそ自分たちにとって役に立つとは言えない、
でもどこか自分の厨二病をくすぐられる、そんな一冊。

…………でも、最後の章はいらなかったのじゃないかな。


スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/183-ad4ba171

コメントの投稿

非公開コメント