スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Game
         
VitaTVを買った。色々痒いところがあるのだが、それはおいておくとして、
PS3のコントローラを共有すればいいや、Vitaカードだけ替えばいいや。と思っていたら、思わぬ落とし穴があった。

PS Vitaのゲームを共有するためには、いちいち「コンテンツ管理」でデータをやりとりしないといけない。
で、ドハマり。
まず「えっ」ってなったのが、
ダウンロードしたゲームはゲームデータとセーブデータが一体となっているので、
PS Vita↔Vita TV のデータ同期に毎回4GB程のデータを同期させる必要がある。

痒い。これは痒い。

Vita TVには有線LANがあるけれども、録画用PC、エンコード用PC,PS3(アドホックに必要だから必須),NAS,Mac Book Air,とすでにNWは枯渇状態。
なもんで、Vita TVはWifiを使うしか無いわけだが、そこで、毎回4GBは痛い。
知っていれば多少面倒でも店頭でデータカード版のゲームを買ったのに・・・。
(データカード版なら必要なデータ同期はセーブデータの50KB程で済む)

痒い所2点目。

Mac OSXでは最初コンテンツ管理が動かなかった。

これは自分の環境でもあるのだが、外出先でもMacBook Airを使うため、FilevaultやFirewallは常にONにしてある。
この状態だとコンテンツ管理ソフト Wifi経由での認識をしない。
PS VitaはWifiでのデータ転送よりもUSB転送が早いのだが、Vita TVはWifi(または有線)のNWからの認識となる。
これがどうもMacのFirewallで弾かれてしまっているようだ。


OSX (Marvericks版)のコンテンツ管理マネージャーソフトは、Firewallへの例外処理を求める告知がなかった。
(インストール時のシステム環境を求める認証は出たが)
てっきりインストール時に例外処理を追加したり何だりしているのかと思っていた。
(もしくは特殊なポートを使わない。)

気がつけたのは、OSX版が悪いのかと思い、Windows版をインストールして起動時にFirewallへの例外処理を求められたためである。

うーん。公式HPにもそういった内容は書かれていないし、これ気がつかない人は気が付かないんじゃないかなぁ。

P.S.)大画面でのGE2、面白いよ!
スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/187-ad1cb387

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。