Books
         

UQ HOLDER! を購入しました。
2014年5月1日現在既刊2巻、Kindle、各社電子書籍でもでてる。
最近は発売日に買うことを考えなければ、ほとんどの漫画が電子書籍化されてきているのは、歓迎するところ。
これも自炊代行に関して判決がでたことの影響かなぁ(`・ω・´)

作者の赤松健さんといえば、「魔法先生ネギま!」や「LOVEひな」、「AIが止まらない」といったハーレム漫画のイメージが強いと思われがちだとおもうのですが、
前作の「魔法先生ネギま」の後半からはドラゴンボールも真っ青のバトル漫画なのです。これ豆知識。
魔法(+魔法使い)と中国憲法(主人公が8巻頃から習得)とを掛け合わせた今までにない拳闘スタイルは、
ドラゴンボールでいう「気」のような、ワンピースでいう「覇気」のようなと変幻自在な技として、描かれていました。
特に主人公以外のキャラクターもそれぞれ個性の強い技(神仏・忍術・魔法と様々)と身につけており、
なぜマガジンでこのような魔法バトル漫画が!と思うようなわくわくするような展開が続く漫画でした。

そんな「魔法先生ネギま」の世界設定、キャラクターを引き継いだのが本作、「UQ HOLDER」です。
主人公、前作のライバルキャラに似ているのですが、今のところつながりは見えてきません。
全く関係がないような気もします。
タイトルの「UQ」とは「悠久」の意味で、前作にも重要な要素として登場していた「吸血鬼」が今回のメインテーマ。
ひょんなことから吸血鬼の力を受け継いた主人公が、その「悠久」の力を持つ者同士を集めて・・・
というのが1,2巻の流れです。

もちろん、バトル要素も満載です。むしろ「不死身」という設定がキーとなって「ネギま」よりも派手な展開、
無茶のあるバトル展開が期待できます。


スポンサーサイト
 
 

関連キーワード(ユーザータグ):
漫画

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/205-786fa1fb

コメントの投稿

非公開コメント