スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

アメリカ横断
         つい先日、一緒にバカをやった友人が結婚し、自分も楽しかったこの思い出を(いままでも何度かまとめようとして、そして挫折して)なんとか記録にしようと思い、これから連載して行こうと思う。
そんな第二回目。
サンフランシスコ二日目。


2007年2月12日 某時刻
サンフランシスコ国際空港


眠い目をこすりながらサンフランシスコの空港に。
日本との時差は-17時間。フライト時間は9時間。
体内時間ではまだ明け方、どころか深夜。

こちらの時刻は10時。そのためか空港内に人がそれほど居ない。ゴーストタウン。
日本と違い冷えきった空港、気温に思わずハリウッド映画(サスペンス系)を連想。

IMG_2008.png


腹越しらえ、男子たるもの食べなくてはやっていけない。
機内食のビーフorチキンは通じたものの、
「オレンジジュース!」といったのにWaterができたこともあって、
早めに自信をつけたい。ガラスのハートを強化しないと、この先日本に帰れない。

フードコーナーでハンバーガーを。
この先いやという程食べれるというのに、
他の店が開いていないためのハンバーガー。英語は通じた。

注文後、鉄板でパテが焼かれる。
厚切りアーリーレッドにトマト、ピクルスを挟むとバンズでは包めない。
このハンバーガーセット。ドリンク、ポテト付きで$9.96。

一食目のハンバーガー



安い!と思ったが、よくよく考えると1000円はしている。
数字のマジック。飛んで行くドル。
日本円にするとー、と計算して高い、安い、と判断した所で、
瞬間的に目に入る$10、10という数字。安いイメージ。

日本で一番使う紙幣は1000円。諭吉とか言ってみたい。
この「一番よく使う紙幣と同等の紙幣が$20」
感覚的についついお札で半分近く戻ってくるのか、
日本と違って安いじゃないかと思ってしまう。

食事後、外に出ると早速客引き。モテ期。
白タクには要注意、と心ばかりの警戒。
臆する事なく話だすJ君。
「空港の警備員?がタクシーの運転手と話していたし大丈夫じゃね?」
カッコイイ。僕はチキンハート。彼はアイアンハート。

(詳細は分りませんが、空港の外に警備員の詰め所があり、ある程度の「ちゃんとした」タクシーは保証されているようです。)

結局、どう見てもワゴン車でしかない車を操るタクシーに、
一人$16でホテルの目の前までのせていってくれる事に。

**結論から言うとあらかじめ値段を聞いておくことは重要だった。
**市街から20Km以上離れたこの空港からホテル前まで、と考えると安かったと思います。

まぁ安い分、相乗りがある、との事で、自分たち4人以外に、3人程、他の人が乗り込む事になりました。
それにしても、他の3人、どう見ても体積が2人分以上ある。なぜ同じ料金。

空港から出る傍ら、写真を撮ろうとしたが、タクシーが飛ばす飛ばす。
ベタ踏み上等!というほどの速度。圧倒的なG。
誰もが制限速度はないんじゃないか、と思えるくらいに飛ばす。
正直怖くて速度計が見れない。


2007年2月12日 12:15
サンフランシスコ ダウンタウン


飛ばしたかいあってか、15分程でホテルに到着。
HOTEL MARK TWIN
ヒルトンホテルのすぐ裏に位置していた。
ちなみに2泊で$100。

IMG_2009.png


一服し、カードを利用したホテル代の清算を仲間内でしたあと、
13:00頃から旅の要となるグレイハウンドのアメリパスを購入する為、
バスディーポを目指しつつ、町を散策。

アメリカで立ち入る記念すべき最初のお店は、
APPLE SOTRE SAN FRANCISCO 

適当に店の中を物色した後
(勿論なにも買ってないが)店外に出ると、雨。

折り畳み傘等と気の利いた物は、ホテルのため、
フードをかぶってダウンタウンを南下。 

IMG_2013.png


途中、セブンイレブンがあったので、雨宿り。
カルチャーショック。
「セルフコーナー」
ーー日本でカウンターに並んでいる様な「肉まん」等の代わりに、デニッシュやドーナツがあるーー
それが全て「セルフサービス」でレジまで持っていく事になっている!。
ファミレスのドリンクバーさながら、コーヒーメーカー等があり、中身をついで、レジに持っていく事になっている!!

さらにさらに、商品を食べたり、袋を空けた状態でレジに持っていく人がいる!!
(*どうもこれは向こうでもマナー違反の様であるが…やってる人が多い)

国民性の違いというか,何と言うか。
注意されなければ何でもしていいと、勘違いしているんじゃないのか?。
そういった事すら「言葉にされないと」分らない国民性なのか、と色々と考えてしまいました。

小雨にまみれながらグレイハウンドのバスディーポ(ターミナル)に到着。
2階建ての建物は梅田のバスターミナルか!(深夜版)ともとれる程薄暗く、
汚いアスファルトを見渡しながら、
予想していたよりかは奇麗であった事に少し安堵。
**GoogleMapで確認する限り、現在は立て直されてかなりきれいになっている様子。
平屋になっている様子である。GoogleMapには2013年5月に撮影されているらしい。

ScreenShotAM.png


2階の受付で出会った事務員さんは、かなりフレンドリー。
人がいない時間帯だった事もあったのか、気さくに話しかけてくれた。
(名前、思い出せないや...アンナとセッツァーだっけなぁ…。)
暇だったのかサービス精神旺盛だったのかアメリパスの使い方まで教えてくれた。
(*ただしアメリパスの扱いは都市によって異なることがあった。)

バスディーポを出てからは、東に向かって歩く。海を目指す。
海は巨大な湾内。波も無ければ潮風もほとんどない。
曇天。奇麗には見えなかった。
良かったのは、予想よりもあたたかであった事。そして景色。


CIMG0715.png


海に向かって無駄にのびる桟橋。
日本じゃどこぞの埠頭にしか存在しない様な巨大な倉庫を横目に、
フィッシャーマンズウーフ(FISHERMEN’S WHARF)を目指す。

道中、横目に島を発見。よく見ると何やら建物の様な物が見える。
アルカトラズ。
あれはルパンとか007とかの映画に出てきそうだしな。
フランスにあるはずだよなー。とか考えていると、
他の人たち、「あれがアルカトラズかー!」などとゆってはります。
バカジャナイノーとか、考えていたらアルカトラズで間違いないそうです。
すいません。馬鹿でした。名物でしたか。


CIMG0720.png


アルカトラズに心躍らせながら、そのまま歩く、歩く、歩く。
歩きすぎてこの先の(移動手段=バスOR徒歩である)旅に不安を感じ始めてきた頃、
漸くフィッシャーマンズワーフに到着。お隣のピア39も有名だとか。


IMG_2023.png


河岸、というよりも卸市といった様相のこの場所で、これまた名物のクラムチャウダーを頂く。
屋台の癖にうまい。$4.48。
クラッカーと、大盛りのクラムチャウダー。

時間的に、早めの夕食をとっても良い時間となっていたので、
すぐそばのレストランに入る。
外装は、河岸だけあって、店頭に今日仕入れた魚類を氷、おがくずのまじった発泡スチロールを並べた豪快な店。
ぱっと通り過ぎるとレストランとは思えない。
(黒板にメニューがかいてあったけれど) 

メニューを見てもよくわからなかったので適当に頼んだら、
ヒラメのアーモンドソースがけという珍妙な物が出てきてしまった。
アーモンドソース等といった味付けに慣れていない事もあり、
おいしいとは感じなかった。というか不味い。
結果としてみれば、この旅で一番、自分に合わない料理を注文してしまった事になった。これが$17。食費だけは削らないと誓ったがこれは失敗。

U1君はまたしてもクラムチャウダーを注文。
店毎に味付けが違うとは聞いているが、でてきたのは、ポットパンの中にクラムチャウダーがたっぷりと。$12。
外側のパンは、リーン系のバゲット。
中心をくりぬいてその中にたっぷりとクラムチャウダーを入れている為に、よく分らない。
かなり固いものだった。
胡椒がたっぷりと効いていて、
完食すれば体の芯からあったまりそうな味付け。

食事もおわり、満腹感と疲れから歩きながら寝てしまいそうになる。
と、いきなり動く道ばたの茂み
道ばたで人を驚かすパフォーマンス。
ご丁寧にも自分が抱えきれない程の枝や木を抱えて。

後ろを振り返りながら立ち去ると、どうやらこのおっさん、
驚かす人を判別している様。
フィッシャーマンズウーフ側からは完全に体を隠しているので道行く人からは何をしているのか、とちらちら見られたり、振り返られたり。
で、そんな歩行者の視線に気がつかずに歩いてきた人を標的にしているみたい。

近くのバス停からホテル近くのバスに乗る。
どうも様子がおかしい、チャイナタウンに近づくにつれて運転が荒くなっている。
どうゆう事だ?とおもっていると、チャイナタウンのマナー違反がひどい。
人の塊が降り口からのってくる。降りようとする人を押しのけて…。

乗り口からもお金を払って乗る人は居るけれども、極僅か。
おつり等の受け渡し中に運転手の手などを払いのけて乗ってくる集団。
勿論運転手も慣れた物なのか、扉がしまらなくとも強引に発進。
...いつか死人でますよ、絶対。

しかもバスを路肩にでも止めると強引に乗ってくるから、
兎に角運転手はバスを走らせる、なるべくのせない、という方針の様…
巡航ルートかえればよいのでは?

以下、本日のルート



スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/211-832df865

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。