Centos
         4月の初め頃からやたらとSambaの共有フォルダに書き込みエラーが出る様になった。
しばらく時間がなかったし、たまに書き込めるファイルもあったりしたのででっきりHDDの寿命とかだと思って放置していた。

時間があったので色々調べてもHDDの以上ではないみたいだし、再起動してもなおらないし、
そういえばクライアント側でUpdateしてから異常がではじめたなとおもって調べたらいきなりヒットした。
元記事はこちら

正直長いので最後まで読んでいられない(笑
ページ大すぎ。一覧表示しても追いかけているのがめんどくさい。

なので、もう一度探したらあっさりとみつかった。
こちら
とりあえずはこれで様子見。
何とかなりそうな予感。

と、いうよりたまにエラーコード36がでてくるからたちが悪い。
ずっとこっちのせいだとおもっていたし。。。
スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/22-625de3a6

コメントの投稿

非公開コメント