Geek
         GoogleのChromeOSをプリインストールした端末、
HP社製のChromebookを借りることができたので備忘録。

次期シンクライアントとして活用できるだろうか。
端末は2万円台、3万円前後。他のシンクライアントと変わらないが、
ノート型端末であり、Windows Embedde端末ではない。という点が特筆すべき点かと個人的に思っている。

まだあまり触っていないが、雑感というか今の時点で気になっていることをまとめておく。

・端末セットアップにGoogleアカウントが必要
・端末は無線LAN DHCP環境での利用が前提(一部回避策あり)
・ブラウザOSのため、USBデバイスが必要な作業は注意
・以前(Nexus 7など)で検証したUSB接続LANアダプター( ETX3-US2)を利用して有線LAN化できた。固定IP可。
・軽い。滑らか。VMware View経由での仮想デスクトップ接続で一般作業に影響なし。
・Proxyの設定画面などが見当たらない。
 PVLANでない環境だとGoogleに情報が送信されているのでは・・・?(懸念事項)

以下、詳細。

・端末セットアップにGoogleアカウントが必要
 →たぶん、セットアップ時にはDHCP環境必須
  端末が初期化されていると、起動=ログイン画面となる。この時にネットワークを選択することができる。
  ネットワーク選択の際に、 ETX3-US2などのUSB-Ethernetデバイスを接続しておくと
  「他のネットワーク」の中にMACアドレスが表示され、有線LAN接続が可能。
  ただし、固定IPを設定するような画面に遷移できなかったのでおそらくDHCP環境が必要になるとだと思う。
 
  セットアップ後には自動で最新のOSが端末にダウンロードされる。


・端末は無線LAN DHCP環境での利用が前提(一部回避策あり)
 → ログイン後に「設定」ボタンから無線、有線に関わらずIPアドレスの設定が可能。
        192のローカルVLAN設定を行い、
        Horizon Viewしか存在しないクローズドなNW環境にしたところ、
        裏でGoogleのサーバ?へのアクセスを試みているように見受けられた。(今後要確認事項)


・ ETX3-US2を利用して有線LAN化できた。固定IP可。
 →特に不都合なし。使えた。

・軽い。滑らか。VMware View経由での仮想デスクトップ接続で一般作業に影響なし。
 →Horizon Viewなどを利用する上で、単純な作業のみ必要なのであれば十分利用できる。
  とりあえずUSB Redirectionの機能はないようである。
  Windows 7にプリインストールされている動画や音楽は手元で再生しているかのごとく利用できた。
  なんら不都合なし。
  次期Viewで実現されるというvGPUが実装されるとどうなるのか・・・。




スポンサーサイト
 
 

関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
仮想化

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/234-191e7c64

コメントの投稿

非公開コメント