かき氷
         銀座まで出る機会があったので、虎屋のかき氷を食べてきた。

虎屋といえば特に羊羹を思い浮かべる人が多いと思う。
室町時代に京都で創業したという老舗の和菓子屋さんである虎屋は何と言っても餡子が非常になめらかで、食感が良い。
そんな虎屋が期間限定でかき氷を出しているので、これは!と思い食べてきた。

toraya.jpg  
 
虎屋のかき氷は、期間限定。
今年は9月30日まで。
また、例えば「TORAYA TOKYO」では「日向夏と温州みかん」といった店舗独自のものもあるので注意。

今回は帝国ホテル店で抹茶みぞれを頂いた。
帝国ホテル店は、今年で11年目。有楽町の一頭地で10年以上も商いを行うのは、並大抵のことではないと思う。
ちなみに帝国ホテル店は、その他の虎屋直営店よりも若干(土地代?)価格が高めになっているので注意。
かき氷は1296円が標準であるが、(確か)1400円ちょっとからの価格になっていた。

抹茶みぞれかき氷は三層に分かれている。一番上の層は抹茶+みぞれで、
見た目は濃いお抹茶の様なのに、濃厚でかつ後味の良い甘み。
かなり大きなかき氷なのに、サクサクと進んでしまう。
甘いのと冷たいのとで、あったかいほうじ茶が欲しくなる。

続く二層目。みぞれ部分がなくなってくると、今度は濃厚な抹茶が舌を刺激してくる。
冷たいお抹茶をいただいている、と思わず錯覚してしまうほど。
続く三層目のために、ここで抹茶部分を良く混ぜておくことが重要。

最後に三層目。抹茶部分が最下部の方によく混ざっていると、だんだんと手応えが重くなってくることに気がつくと思う。
三層目は、ガラス容器の底に詰められた小倉餡。
かき氷用にこしらえたという小倉あんは、それだけ単体でも美味しいのだが、、抹茶に溶けた氷と合わさると一層美味しい。

値段は1200円からと、かき氷屋にしてはほんのちょっと高めの価格層だが、
それだけの価値はあると思う一品。
※オプションで白玉などをつけることもできるので、こちらも是非つけておくことをお勧めする。



スポンサーサイト

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/277-ddaa675e

コメントの投稿

非公開コメント