スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Geek
         Windowsの端末数が少なくなったり、何らかの問題があって
クライアント(もしくはサーバを)KMSライセンスではなくMAKライセンスにしたい場合が時折ある。

MAKからKMSへの切り替えは色々とあるが、その逆はなかなかヒット無いので記載しておく。
・・・探し方が悪いのだろうか。

 
 
方法1 コマンドによる変更。

cscript "C:\Windows\system32\slmgr.vbs" /ipk MAKキー

ただしこちらの場合は、エラーの出方が少々フレンドリーではない。
例えば、MAKキーが間違っている時、「MAKキーが違います」といったエラーではなく、
「不明なエラー」と出てしまう。

そのため、ウィザードを利用する方法が以下、

方法2 ウィザードを利用
コマンド・プロンプトを立ち上げ、
> slui 03
を実行。(slui.exe 03)
プロダクトキー入力ウィザードが立ち上がるので、MAKキーを入力する。

その後、オンラインの認証を経てライセンス認証が終了するが、例えばスタンドアロンな環境など、
場合によっては、認証ができない場合がある。
その場合は
>slui 04
(slui.exe 04) を押下して電話認証ウィザードを立ち上げ、電話認証に進むこと。
スポンサーサイト

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/288-8c57d2a2

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。