スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Geek
         長ぇっ(`・ω・´)

何を言っているかわからないかもしれないが、以下、キーワード。

・BootCampで起動していたWindowsを(汎用的な)仮想マシンに変換。
・V2V
・Parallels to vSphere (ESXi)
・Converted Bootcamp VM on Parallels Desktop to vSphere.
・BootCamp領域はGPTパーティションでMBRパーティションではないから移行できない。


そんなわけで色々と手間取ったのでメモ。
Bootcamp領域を仮想マシンとして起動する方法は例えば
Parallels DesktopあるいはVMware Fusionを利用する方法がある。
だがこれらは万能ではなく、例えばOSのバージョンアップによって、
最新のものを適宜アップデートする必要がでてくる。
そもそも最近はOSXは無料アップデートなのに、
1年、ないしは数年に1度、6000円程度のParallels(or Fusion)のアップデートが必要になるとは本末転倒。

というわけでこれをなんとかESXiのvSphereの中に移行できないかと色々やってみたのでメモ。

やっていることは難しくはないのだが、方法について思いつくまでに時間がかかったのと、
結構探したのだが、同様のことをやっている人が見当たらなかったのでメモ。
まぁおそらくはどこかにいるのだろうけれども。

VMware Converterなどで移行しようとしても、最後の最後で「不明なエラー」がでるため、
何が原因かわからなかったのだけれども、
ふと移行時のオプションを色々と見ていたところ、Bootcampとしては不要なはずの、
OSXのパーティションがあったので、パーティションが原因では?と思いつくことができた。

Windows7.png

 
 
てなわけで以下方法。
LinuxなどのLiveCDを用意しても良いし、GPartedなどのファイルを用意してもよい。
今回はGpartedを利用した。

ちなみにここでは仮想マシンに対して新規ディスクを追加して、
その上でGpartedを利用して端末を起動できるようにした。
おそらくはParallels やFusionなりで可能だと思うので、ここではその方法を(イメージしながら)記載する。

自分の環境ではもともと、
Bootcamp → Parallelsで起動可能に
 → VMware Fusionで起動可能に
  → VMware Fusionでできた<仮想マシン名>のデータをNASへ。
   → <仮想マシン名>のデータの配下の<仮想マシン名.vmx>をVMware Converterで仮想マシンに。
    → 移行時の起動方法の自動修復のチェックを外して仮想マシンにコンバート。起動不可の仮想マシン作成
      ※チェックありだと失敗する。

を行った上で、「Operating system not found」がでていたので、
あれ、ひょっとしてこれ、パーティションじゃね?と気がつくことができたのである。



1.まず最初に、Parallelsなり、Fusionなりで対象の仮想マシンにディスクを追加する。
 この時のディスクのサイズは、BootcampのWindowsのOSの利用しているサイズよりも、大きいものにする必要がある。
 例: 60GB/80GB 使用しているなら、60GB以上のディスクを追加する。

2.ついかしたら、GpartedのLiveCDをダウンロードして、対象の仮想マシンにマウント。

3.仮想マシンを再起動して、LiveCDから起動する。

4.下記画像の様に、Windowsの領域をコピーする。

Windows7_1.png

5.追加したディスクに移動して、新規パーティションを作成してあげる。
 このとき、パーティションはMSDOS(NTFS)にしてあげること。

Windows7_2.png

Windows7_3.png

6.パーティションが作成できたら、先ほどCopyしておいたパーティションを
 新規パーティション領域にコピペする。
 LinuxのBootCDなどがあるなら、NTFSでフォーマットした上で、ddコマンドでデータを書き写す方法でも多分できる。
 
Windows7_4.png


Windows7_5.png

確認画面が出た上で、「Apply」を押下しないと進まないので注意。

Windows7_6.png

7.コピーが終了したら、インストールCDをマウントして、
 インストーラを起動。
 Windowsのインストールを行う。の下に「システムの修復」があるので、そちらを実行。
 「スタートアップの修復を行う」を実行した後、再起動することで仮想マシンが起動可能になる。

Bootcamp.png
スポンサーサイト

関連キーワード(ユーザータグ):
PowerCLI
VMware
仮想化

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/299-ebd9efb1

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。