その他
         役所広司とアヤカウィルソンの映画

パコ

なんで映画公開中に見に行かなかったんだろうとか思うくらいに感動した。
笑いあり、涙ありというような前評判というのは完全完璧まったくもって信用した事はなかったけれども、
この映画に関してはもう、そういった予告だとか噂を超越していた。

最初の5分程はどういう話になるのかわからなかったので、録画していたからこそ見るのを先送りにしていた。
でもそれがもう絶対的な間違いだった...

話のあらすじなんて最近はCMであるとかネットであるとか聞かない方が難しいと思うので割愛。
映画としての形としては、
中島哲也という方が監督。
下妻物語は見た事無いのだけれども、嫌われまつ子の一生は見たことがある。
確かに形としては似ている。セットであるとか、服装といった物は「嫌われまつ子」のように、
ティムバートンとまではいかないけれども、そういったセンス。

そのほかとしては「有頂天ホテル」の様なカメラワーク。
各コマと各コマの繋がりが長かったり、うまくカメラの外からそれとなく役者や演出に加わる小道具や役者の入りがすごい。
舞台を見ている感じにもなった。


脚本も良いタイミングで笑いがあったあと、シリアスな面に入ってくれるのでテンポが良い。
なおかつ本当に感動した。

最近見た映画の中では本当に面白かった。


スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/30-033ee06f

コメントの投稿

非公開コメント