Books
         忘れないうちにメモ。

黒執事 22巻。今回で緑の魔女編が終了して、久しぶりに切りが良い。
書き下ろし?かわからないが、よく意味のわからない外伝があって、個人的には消化不良であった。
ここ最近は3巻にまたがった長編担っていることが多く、黒執事は大体半年で1冊刊行されているので、
1年半かけて話の区切りがつくことになる。
ちなみに今回の長編で話のキーワードになっていたとある兵器。黒執事で出てきて初めて調べたけれども、
確かにドイツで開発されたものだった。てっきり、日本で開発されたものだとばかり思っていた。

黒執事はいつまでたっても電子書籍化されないので単行本で購入している一冊。
スクエニはもう少し電子書籍に力を入れてもらいたい。


 宇宙兄弟はその逆に発売日には必ず電子書籍になるのが嬉しいところ。
最近では布団から出る前にざっくり読むことができるので大変嬉しい。

今回は、ムッタはほとんどフォーカスされない、「せりか」さん編。
宇宙兄弟は、毎回良いテンポで一冊が終わるようになっていて良いなー。計算されているのかなー。




 
 
 バカとテストと召喚獣の作者が原作を担当している筋肉と全裸ダイビングギャグ漫画
完全なまでに男子校のノリ。楽しいと思って読むのはほとんど男子校出身者じゃないかなー。
キャラクターも、バカテストと同じ雰囲気でそれぞれに特色があって面白い。
何より、絵の幅も広くてギャグパートのメリハリがあって非常に楽しく、ついつい既刊4冊を全て買ってしまった。

どうでもいいけれど、バカテストの公式ページ(www.bakatest.com)が消失している・・・。
原作完結してしまったし、今後のアニメ化などはないのかなー。

スポンサーサイト

関連キーワード(ユーザータグ):
漫画

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/300-a89e02ee

コメントの投稿

非公開コメント