スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Geek
         
軽量モバイルな端末は無いかと探していて、一旦Surface 3 (SIMフリー)+IIJのSIM に落ち着いたものの、
選定中にChromebook もいいなー。持ち運ぶなら一番小さい(だが軽量ではない)Asus のChromebook flipがいいなー。
とおもったので手元のSurfaceにChrome os を入れて遊ぶことにした

純正のChrome OSは手に入らない様子なので、Chromium OS というオープンソースを利用する。  
 
  1. 既に更新がストップしてる、「http://chromeos.hexxeh.net/」で公開されている最終版のChrome OSの、
    VMware用をダウンロード、適当なディレクトリに解凍する。

  2. 「ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmx」をノートパットで開き、

    ethernet0.virtualDev = "e1000"


    を追記する。

  3. これをしないと、仮想マシン側に、有線LANデバイスの認識ができないため、
    最終的にChromeOSのセットアップができなくなる。
    ※Chrome OSの初回セットアップには、インターネットへのアクセスが必要なため。

  4. vmxファイルと、VMDKファイルを今後保存しておきたいディレクトリに移動させ、
    移動後、vmxファイルをダブルクリックする。


  5. Vmware Workstationが起動し、仮想マシン一覧にChromium OSが出現するため、
    起動を選択。

  6. 「ファイルが見つかりません」というポップアップが上がるため、「参照」からvmdkファイルを選択する。


これでChromeOSが起動する。
デフォルトはブリッジ接続モードとなっているが、状況に応じて、NAT接続などに変更するのが良い。
スポンサーサイト

関連キーワード(ユーザータグ):
VMware
PowerCLI
仮想化

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/305-3df7c3ed

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。