スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Books
         
先週購入した漫画。両方とも電子書籍で購入。

転生したらスライムだった件これは文句なしに面白かった
続きが気になってわくわくする。

「転生したらスライムだった件」は講談社の月刊少年シリウスで連載している漫画
あまり聞いたことのない月刊誌だったので、連載を調べたら、
最近気になっている漫画、「働く細胞」が連載しているとのこと。
そのほかにも、「獣の奏者」「夜桜カルテット」も連載している雑誌で、
電子書籍にも積極的に展開している様子。

1.購入したきっかけとしては、ジュンク堂大規模な宣伝をしており、タイトルを覚えていて興味を持っていた。
2.年末年始で暇をしていたため。
3.なにより、Webで第一話が公開されていて、なかなか面白かったから


巻末に書き下ろし小説があったので調べてみたところ、
原作は「小説家になろう」で連載されていた同名の小説。
正直、続きが気になりすぎて、2-3日で原作のWeb連載をすべて読んでしまった。
漫画が面白かったので当たり前だけれども、こちらも大変面白かったです。
Web小説は完結まで読みきってしまったからこそ、今後どのようなキャラデザで、
コミカライズされていくのか非常に今後の続きが楽しみ。

原作を読んだあとの感想として、コミカライズにあたって、原作をうまい具合に漫画化したな、と感じさせられた。
設定やセリフを原作に非常に上手く背景、心理描写、(スライムの)表情で描いていて、
不必要なセリフや解説を上手く省いていた。
その結果、テンポよく、読みやすいすっきりとした漫画になっている。

原作の方は完結しているので、途中で原作に追いつくこともないだろうし、
うまくすれば、アニメ化などにもなるのかなー。


 
 
七つ屋志のぶの宝石匣
「のだめ」でおなじみの二ノ宮知子先生の新作。少女漫画+宝石もの。

こちらも講談社の「Kiss」で連載されている漫画
「Kiss」は2010年まで「のだめカンタービレ」が連載されていた雑誌なので、
「のだめ」の後継作品と言えるかもしれない。
87CLOCKERSは面白いけれど、どっちかというと少年漫画だし)

テーマが「宝石」だけあって、少女漫画というか、女性向け漫画だと思う。
2015年の11月末に2巻がでているが、そちらは未読。
1巻の内容からはまだまだ伏線が貼られているだけで、この先がどうなるのかはわからない。
ただ、話のテンポ、雰囲気は「のだめ」に似ているので、
この先きっと面白くなるのだろうと期待している。

なんだかんだで、二ノ宮知子作品はほとんど読んでいるなぁ・・・。
スポンサーサイト

関連キーワード(ユーザータグ):

漫画

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/313-c3fda8c2

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。