スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Centos
         CentosにSSHログインすると、文字化けしてしまうことがある。
サーバ側のlocaleを修正しても改善しない場合は、OSXのターミナル設定を見直してみようというお話。

ついでに、自分の環境でよく使っているiTermでの設定も記載しておく。

根本的な原因は、端末側のターミナルクライアントが、端末側(つまりMac OSX側)の言語環境をサーバに送信。
サーバ側で読み込めないことにある。
ロケールを修正するために、サーバ側の設定をいじる対策もあるけれども、それだけでは治らないことがあります。

例えば、ログインごとに、

-bash: warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): そのようなファイルやディレクトリはありません

であったり、

locale
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: LC_ALL?????????????????????: ??????????????????????
LANG=ja_JP.utf8
.
.
.
(以下略)


といった形でコンソール出力が文字化けする場合、以下の手順で設定を見直した方が良い。とおもう。

以下、OSX 標準コンソールの場合

「環境設定(コマンドキー + , )」> 「プロファイル」>「詳細設定」 から

以下の部分のチェックを外しておこう。

Profiles.jpg
 
 

iTermの場合の設定



「環境設定(コマンドキー + , )」> 「プロファイル」>「ターミナル」 から以下の部分のチェックを外す。

PreferencesiTerm.jpg

なお、いずれの場合もチェックを外した後はターミナルアプリの再起動が必要。

次回ターミナルの立ち上げ時より有効になる。


スポンサーサイト

関連キーワード(ユーザータグ):
サーバ
Centos
OSX
Mac

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/325-34430e07

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。