Geek
         

ライフハックメモ。

Excelで(本来の用途ではないが)手順書などを作成することはたまにあると思う。

罫線を利用して、表を作成するとか、単なるマス目として利用する、とか独自の使い方もあるかもしれない。

簡単なドキュメントなら、Word形式よりも、簡単に作成できる、かもしれない。


そのようなときに、画像を挿入することはないだろうか。

Excelで画像を挿入する際、ドラッグ&ドロップでは画像が挿入されないし、

「挿入」>「図」を選択すると、Excel上の画像のサイズが本来の画像サイズに応じて挿入されるため、

毎回毎回画像の縮小などを行うことが非常にめんどくさい。

そんなライフハック。

 
 

Excelの画像挿入に、ChromeもしくはFirefoxを利用する

操作方法は簡単。

Chromeなど、画像をドラッグ&ドロップして表示することができるブラウザを任意のサイズで開いておく。

この時、ブラウザでの表示サイズ=Excelに表示される画像サイズ、となる様子なので、

Excelとブラウザのサイズを調整しておくとよいだろう。

そして、Excelに挿入したい画像をいったん、Chromeなどのブラウザにドラッグ&ドロップし、

その後、ブラウザからExcelにドラッグ&ドロップすると、Excelに画像が挿入可能だ。

理由はわからないが、地味に使えるテクニックなので、ぜひ記憶しておいてもらいたい。


スクリーンショット_082016_113026_PM

スポンサーサイト

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/338-23d44a1a

コメントの投稿

非公開コメント