Books
         剣客商売を読み終えた。

まだ一作目しかよんでいないけれども、これは面白い。
こういう世直し・・・ではないか、切り捨て御免、でもないんだけれども、そういった勧善懲悪の話は好きだなぁ。

おそらく親子にまたがる物語なのだろうと思えども、今の所 古兵衛が主人公にしか見えない。

そのうち三冬が主人公になるのだろうか。

池波正太郎だとか、そのほかの時代物を読んだ事が無い訳ではないのだけれども、
この本がことさら読み易かったのはおそらく妙に細かい設定だとか解説が無いからだと思う。
日本史の知識が無いといってしまう様な物だが、そういった必要以上に当時の描写をしたり、
また、当時の言い回しだとかを使われてしまうと,どうしてもそちらの方に意識がかかり切りになってしまう。

そういった描写がないからこそ、読み易かったのかもしれない。続きが楽しみだ。
スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/37-7ceb4da7

コメントの投稿

非公開コメント