Books
         フリーター、家を買う。を読み終えた。

題名に引かれて手に取ってしまったので、内容は予想とはまったく違った。
てっきり、フリータが家を買うためは?とか、実際に買ったノンフィクションの本だとおもっていた。

作者名をみずに手に取っていたのだが、よくよくみれば有川浩。
図書館戦争とかの作者だったはず。
内容もそういったライトな小説家と思っていたら・・・

とりあえず前半の話が重すぎた。就職氷河期といわれる今だからこそさらに重い。
かなりヘヴィな所から、物語は進んでいく。ついつい一気によみたくなる本だとおもう。
重い内容の割に文体はライトだから読み易いしね。


スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/47-9f905557

コメントの投稿

非公開コメント