スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Books
         オー!ファーザー,ベルセルク 35 ,姉妹の家 (上) (下巻はまだ)

オーファーザは伊坂幸太郎。
最新作なので少し期待していたのだけれども、取り立てて面白いというわけではなかった。
伏線も取り立ててある、というわけではなく、ある程度この作家の本を続けて読んでいればなんなく予想がつく範囲。
とはいえ新聞連載をしていたという側面を考えると、これくらいのテンポのよさがいいのかもしれない。
毎日読めない人だっているわけだし。つぎは是非とも全国紙とかでやってほしい。
地方紙だと読めません。

ベルセルクはなんていうか、もう前回の続きは記憶の彼方。
何があったか覚えていない。
とはいえ今回の続きの話が今コンビニに置いてあるやつに連載されているので、今後立ち読みなどで楽しめそう。
隔週金曜日とか、すぐわすれるんだけれどもね。

姉妹の家はイギリスが舞台。
手元にはもうないけれども、帯のアオリもヨーロッパのその辺りの作家が書いたとかってなっていた様な気がする。
ちがっていたらごめんなさい。
読んでみると、すくなくとも今の感じではヨーロッパ、イギリス、というよりもアメリカ文学の色があるなぁ。
でも所々、クリスティを感じさせる言い回しなんかもあるからやっぱりイギリス人かな。
(単に翻訳家の色なのかもしれないけれども。)
続きがすっごい気になる、というわけではないな。暇つぶし程度に読んでいる感じ。


うーん。本当はもっと色んな物読んでるけどとりあえず今部屋をパッと見渡してあるのはその辺り。










スポンサーサイト
 
 

関連キーワード(ユーザータグ):
漫画

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/49-2e8ecaad

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。