スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Books
         四季-秋,冬を読み終えた。

秋でようやくS&M,V,シリーズとの関係が明確となった。

Gシリーズとの関連性は大きく出てはいなかったが、
四季の後に書かれた(らしい)ものであるので、仕方がないのかもしれない。

一貫して読んだ訳ではないので、今更いうことはできないが、
『秋』の本だけスタイルが違うなと強く感じた。
まぁ、視点が違うという事ではあるのだが、
春、夏と続けて内面を大きく描いている話であったのに対して、
秋でいきなり外面から内面を探ろうという話になっていて。。。

多くの小説にある様な三人称のスタイルも好きだけれども、
一人称のスタイルの書き方もやはりいいなぁと感じた。

まぁ、四季が完全に一人称であるか、というとそれは難しい所。
間がとびとびであるので、うろ覚えではあるけれども
春はほぼ一人称出会ったと思う。
秋は視点が違う事もあるので、三人称なのは間違いない。
冬は一人称というよりも、詩文の様な感じだったなぁ。
他の小説のエピローグに多い様な感じではある。
まぁ、話の流れも、内容的にも、これはエピローグに近い様な物であったからなぁ。

スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/6-628f8d9e

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。