スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Geek
         ※P2V=Physical to(=2) Virtual 物理マシンを仮想マシンにする。こと。

以前、日本未発売の時にダウンロード販売でVMwareFusion を購入しており、
Fusion3にアップグレードしたものの、あまり使っていなかった。

今回時間ができたので、Fusion時代にはなかったP2Vを試してみる事にする。

以下、(まだ完了していないけれども)トラブって2,3時間つぶした所。

1.クロスケーブルは使えない???
 物理マシンは普段クロスケーブルを利用してメインのMacと通信しており、
 以下の移行アシスタントのうち、IPアドレスを利用する、を選択してローカルIPを指定したとき、
 移行準備をしています、から延々とプログレスバーが回って動かない。
 30分程動かないので、これは諦めて無線LANを利用する。
 ※無線LANだと認証には数分でOK。なんでだめなんだろね。

2.VSS snapshots are not supported for the source volume(s) Error code: 2147754764 (0x8004230C)の罠

 VMwareのHPやQ&Aで調べるとWindowsServer2008の問題。とのこと。
 あー、なるほどね。2008ね。つかっとらんわ。
 仕方ないので再度 VSS や snapshot 辺のキーワードで検索すると、
 
>OFO: Initialization failure on: “\\server-name\Shadow?Copy?Components”.
>Advanced Open File Option used: Microsoft Volume Shadow Copy Service (VSS).
>OFO: Snapshot error (0x8004230c): 0x8004230c (2147754764). Unexpected provider error.

といったエラー内容がある、とのこと。つーかこれ、マイクロソフトの公式的なアナウンスなんだけれども、
VMwareから発表されているエラー内容と、コードが違います。VMwareもマイクロソフトのコードを利用している。

念のため、「管理」>「サービス」から
Microsoft Software Shadow Copy Provider Service (SWPRV) と the Volume Shadow Copy (VSS)
を調べると「停止状態」。これを自動にすれば先ほどのエラーはでないはず。。。。

と考えてサービスを「自動」に。念のため、依存関係のあるサービスも全て「自動」になっている事を確認して再起動。








同じエラーがでて失敗。orz

ここまでで2時間程。

で、
「ひょっとして、NTFSのメインHDDとは別にFAT32のサブHDDを利用していることが原因か?
 ※自分は60GBしかないメインHDDにはプログラム。
 ※サブのFAT32のHDDにデスクトップやらドキュメントやら入れています。
 ※なぜFAT32かというと、以前Macで利用していた外付けHDDをデータ残したまま組み込んだからです。
 ※さらに、このVSSで普段利用するHDDもこのサブHDDのため、デスクトップのフォルダなどは
 ※VSS(シャドウコピー)の対象外となっていました。(VSSは元ファイルと異なるディスクを利用するため)」

と考えつき、要らないファイルをひたすら消して、使わないプログラムもひたすら消して、
サブHDDにあったディレクトリをメインのHDDに戻す事に。

ここまででさらに1時間。

で、再度移行ツールを動かした所、ようやくディスクのコピーが開始された。
FAT32があることが原因か、別HDDにデスクトップ等の主要フォルダがあることが原因かはわからず。


無線LANで60GB程で15時間 Orz

ちなみに移行自体はとっても簡単。

ホスト側(Mac)でP2Vを起動すると、
メッセージに従って、Windows側に移行ツールをインストールする様に出てきます。
これは、一度インストールしてしまえば、再起動後も自動で開始されるので、今回の様にトライ&エラーするにはとっても便利。

開始すると、Windows側は下の部分に数字が。
Mac側は、「移行しますか?」といった画面をいくつかまたいでいくと、以下の画面に。

pv3

数字があうと、Windows側のユーザーの 「ユーザー名」と「パスワード」を聞かれます。
パスワードが空欄(未設定)だとエラーになるので、あらかじめ作っておく事。
※このタイミングでパスワードをつくっても大丈夫でした。RDPとかにつかってんのかな?

ユーザとパスワードがあっていると、しばらくした後に保存先を聞いてきます。
これ、実際のWindows側のHDD容量よりもすこし大きな物を使うみたいです。
ただしHDD全体、ではなく、あくまで利用領域、なので250GBのHDD積んでようが、100GBしか使ってないなら実質100GB前後で、よいはず。


で、そうすると以下の画面になる。
p2v
P2v2



あとは15時間放置するだけorz
スポンサーサイト
 
 

関連キーワード(ユーザータグ):
仮想化
VMware

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/62-9e20b03b

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。