Books
         硝子のハンマーを読み終えた

あとがきを読んでから理解したが、「青の炎」のあと、「狐火の家」の前に執筆された物らしい。
それが理由か、本の分量に対して内容が少ない、と感じざるを得なかった。
てっきりオムニバス形式の作品が複数存在しているものだと考えていたが、
起承転転転転結、形式の作品であった。

あまりに転しすぎて途中話の流れが分からなくなってしまった。

推理小説らしからぬ探偵役は山ほどあれど、この探偵役は希少な分類だと考える。
折角だから、その役をよりうまく引き立てるような作品展開であったらなぁ。
と考えざるを得なかった作品だった。

あくまで個人的な感想だが、
ISOLA < 青の炎 > 硝子のハンマー <= 狐火の家
<<< 天使の囀り <<<超えられない壁<<< 悪の経典 

だろうか。
あとの作品はまだ読み終えていない。

スリル・サスペンス が好きなら 悪の教典 か 天使の囀り
小説…ん。世界の中心で、 が好きだったけれども物足りないと感じたのなら
青の炎 がおすすめだと思います。

青の炎 は (確か) 蜷川監督が映画化していて、主人公は二宮、がやっていたはず。 この映画は映画ですごい面白かったなぁ。今度見返してみるかな。
スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/64-a16f093a

コメントの投稿

非公開コメント