スポンサー広告
         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Centos
         前回までのあらすじ。

朝起きたら、HDDからお別れのメッセージが届いていた。
あわてて帰った僕を待っていたのはいつもと変わらないHDDだった



で、smartctl --test=short
では何も出てこないので、
smartctl --test=long をしてみた。

※Short と Long の違いはわからない。
 簡易版と完全版って違いだとは思う。
 参考までに1TBのHDDでShort 120s Long 4h だった。

で、以下が結果。

# smartctl -l selftest /dev/sda
smartctl version 5.38 [x86_64-redhat-linux-gnu] Copyright (C) 2002-8 Bruce Allen
Home page is http://smartmontools.sourceforge.net/

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num Test_Description Status Remaining LifeTime(hours) LBA_of_first_error
# 1 Extended offline Completed without error 00% 3061 -
# 2 Extended offline Completed: read failure 80% 3053 486763296
# 3 Short offline Completed without error 00% 3052 -



1は、解消させたあとにやったLong の結果。
おそらく Extended offline がLong のテストを現しているんだとおもう。




# 2 Extended offline Completed: read failure 80% 3053 486763296

とでてきてしまった。

不良なセクタ LBA_of_first_error が  486763296
で、Unreadeなセクタが 1 
#fdisk -lu /dev/sda
( オプション l は領域テーブルリストを出力。
オプション u は、シリンダの代わりに、セクタユニットで出力)

この結果、 Startが 63 という結果になった。

ほんでもって公式。

b = (int)((L-S)*512/B)
where:
b = File System block number
B = File system block size in bytes
L = LBA of bad sector
S = Starting sector of partition as shown by fdisk -lu



Intなので、小数点以下は切り捨て。
この結果が、60845404

ちなみにパーティションのブロックサイズは、
#tune2fs -l /dev/sda | grep Block
で調べられる。
ここで、4096という数値がでたので、


dd if=/dev/zero of=/dev/sda1 bs=4096 count=1 seek=60845404
で埋めてやります。
( オプション bs が 入出力のブロックサイズを指定する。
 オプション count がコピーするブロック数を指定、
 オプション seek が出力の開始位置を指定されたブロックからにする。
/dev/zero は説明するまでもないけれどもNullを指定するために利用。)

で、最後にもう一度Longテストをしてみて、エラーが消えたことを確認。
…でもそのうちにHDD交換するかなぁ。
スポンサーサイト
 
 

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/75-0a854ff3

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。