Geek
         Centos5で殆どNASと+αとしての利用している我が家のNAS。

先日SMARTからお別れメール(結局タヌキ寝入りだったが)がきたのでバックアップを考え始めた。
ただ、常に金欠なため、わざわざHDDを購入するのは金銭的にキツイ。

年始に購入したMacbookAirのTimemachine 用のHDDもないくらいだしなー。と考えていたのだが、
メイン機(MacMini 2009 Early)の外付けHDDをサーバのバックアップディスクとして利用できないかと思いついた。

一応メーカ製(I.O.Data)の物なので、アクセスが無ければ自動スリープしてくれるエコ機能がある。
これをサーバと連動して、Cronで週1から月1程度のバックアップを回せばよいのではないかなー。と。

ただ、Timemachine がNASに対応しているかはわからなかった。のですこし調べてみた。
で、実際にTimemachine にしている上に簡単にまとめている素晴らしいサイトをみつけた
大変参考になりました。ありがとうございます。

自宅鯖で利用するなら(知識があるという前提でわざわざいうまでもないが)
TERASTATION=SAMBAで読み替えてひたすら作業をすれば良い。

引っかかったのは、MACアドレスが有線であるということ。
MacbookAirは有線Ethernet/NICカードが存在しないのでMACアドレスが存在しない。

仕方ないので、無線NICのMACアドレスを指定しておいた。


結果。

成功(笑

おそらくだけれども、MACアドレスなんてメンドイ物を指定するのは一意のディスクを作成したいor一意のディスクをシステム的に捕まえるため
だと思う。あくまで想像。  
 
追記。

鯖王さんへの返答コメントにも記入したが、ひとつのSAMBA上に複数のスパンドレルディスクが存在すると、
最新の物へとTimemachine が上書きをし、結果複数のMacのTimemachine でのバックアップ環境ではエラーを繰り返す。

そのため、複数のMacで利用したい場合は、Mac毎にSambaのマウントポイントを分けてあげると良い。
特に検証した訳ではないが、Sambaのゴミ箱も利用しないほうがいいと思う。
スポンサーサイト

トラックバック用URL ;http://gatolynx.blog100.fc2.com/tb.php/76-c9a3d45a

コメントの投稿

非公開コメント

リンク&トラックバック有難うございます

いつも駄文で人様のネットのトラフィックを無駄食いしている鯖王です。

珍しく人の役に立とうと書いた記事がお褒めの言葉を賜り、リンクまでしていただいて、感謝・感謝でございます。
バックアップも上手くいったようで、普段は大事とも思わないバックアップですが、とっておけばやはり安心ですね!

またよろしくお願いします。

Re:リンク&トラックバック有難うございます

鯖王様

おそくなって申し訳有りません(汗

あれからこちらは、母艦とMacbookAirの2つをTimemachine でバックアップをとっています。

やっていた中で気がついたのは、同じディレクトリに複数のスパンドレルディスクがあるとバックアップに失敗するみたいですね。
ひとつのSamba(ディレクトリ)にはひとつのTimemachine しかバックアップができないようです。